~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

明日ハート瞑想と祈りの舞い

まだ強い余震がやってきますね…
原発も、被爆者が出たということで、心配ですね…

見ないようにしたり、感じないようにしたり、
なかったことにせずに、
そのためにポジティブ思考を利用したりせずに、
しっかりとこの次元の現実を見たいと思います。

「あちら」で起こっていることではなく、
今ここ、で起こっていることなのです。

「彼ら」に起きていることではなく、
私達、に起きていることなんです。


大地(地震)、津波(水)、火事(火)、風(放射能漏れ)の
4大エレメントの驚異的な力を
私達は目の当りにしています。

ここから、必ず何かに繋がっている…

そう信じています。いえ、「知って」います。


今回のダンスマラソンのスタートのイベントが
なぜこのタイミングだったのか、
色々と考えるところはありますが、
きっと、そうでなくてはならなかった、という理解に
到達する気がしています。

女神は分断されていたものを統合していく、と
二つ前の記事に書いたところでした。

色々な意味で、もう、二日前と今では、
私達が感じとる世界は、まったく別なものになっています。

このエネルギーを愛のエネルギーとして自然に変換していきましょう。


明日、ダンスワーク開催予定だった時間帯・11:00~18:30の間に、
OSHOの「ハート瞑想」を、そして、その後に、
各自好きな形で、生きとし生けるものに捧げる祈りの舞いを
好きな場所で踊る、という遠隔での瞑想とダンスを
参加予定だった18人の女神の皆さん中心に行います。

ハート瞑想は、とてもシンプルです。

自分のハートにアクセスして、
まずは自分自身の「ネガティブ」とされるエネルギーや気持ちを
ハートに吸い込み、ハートの中でそれを愛に変換して、
吐く息と共に吐き出します。

その後、同じように、自分の身近な人々や
今回の被災者の方々、この国、そして人類全体へと
広げながらやっていきます。

何か静かな音楽をBGMに流していてもいいでしょう。

最後はサイレント(静寂)で終わります。

時間配分としえ、5分、15分、15分、15分となっていますが
目安でいいのではないかと思います。


その後、今回は、各自好きな音楽で、
祈りとしての自分のダンスを、生きとし生けるものに
捧げます。


勿論、この通りではなくてもいいし、踊るのみでもいいでしょうし
皆と意識を合わせて座ってるだけでもパワフルですね。

私は午後1時~行う予定です。


参加予定じゃなかった方々でも
もしこれに共鳴して下さったら一緒にやってみてください。


この件について、先ほど、パート1参加予定者の皆様に
メールを送ったので、もし届いていないようだったら
連絡下さいね。



私達、皆の心が、この次元の現実を創り出した一人として、
しっかりと見つめつつも
愛を見失わずに、自分の中心にいられますように…

そして、被災地の恐怖や不安や痛みや悲しみや苦痛や憤怒が、どうかどうか
大きな愛に昇華されていきますように…


アムリタ映蓮



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する