~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

心を保つ10の心がけ

珍しく今日は、書きまくっています(笑)


さて、この状況下で、なんとか自分らしくある状態を保つために、
(あえて、「良い状態」とは書きません。)
および、今後考えられる放射能、内部被ばくなどへの予防対策の一環として、
心身ともに内面に働きかけること、
知識としても知っているけど、実際に自分がやってみていること、
効果を感じていることをまとめておきます。

というより、こうありたい、ってことでもあるな~


1.誰かに、(願わくば何を言っても否定しない人)本当に感じていることを話す。
  恐れ、悲しみ、怒り、憤り、不安などなど。

  そろそろ、皆、イライラやストレスが溜まっているから、
  特に怒りが出やすくなってるかもしれない。ちょっとしたことで攻撃的になったりね。
  相手に直接そのエネルギーをぶつけなくても、その怒りについて話すとか、
  動いて発散/解放するとか、何かの調査結果にも出たそうだけど、
  静かに瞑想したり祈ったりすることも、
 不必要に傷つけ合わない助けになるかもしれない。
  
  でも、そのありあまったエネルギーは表現されたがってるから、
  どこかで発散必要だよね。


2.強がらない=強さで無理に防衛しない。ごまかさない。
  頑張りすぎない。 強さは、湧き上がってくるまで待つ。


3.気分転換 散歩に行く。温かい飲み物。


4.自分の好きなことをする時間を 少しでも持つ。
  踊る、歌う、叩く(太鼓)。瞑想。


5.運動、身体を動かす。特に、腰!!(いや、マジに。)
  腰を振る、回す、などの動きは、生命エネルギー、感情、を動かすのに最高。
  勿論、女子力アップとか、そのほかの意味も。


6.なるべく手作りの料理。(今はなるべく玄米。)
  排毒、免疫力アップに注目。

  あ、ちなみに、本格的な長岡式酵素玄米は大変だけど、
  お手軽な「酵素玄米セット」を出しているところがあって
  ここはレトルト玄米も出しているし、なかなか気に入っています。
  ⇒マイセン 

  ただ、〇〇を食べなさい、食べた方がよい、的なアドバイスは
  私自身はあまり好きではないです。自分もしないし、
  他の人からも特にいりません(笑)

人は、体質、気質、個別の「理由」と「目的」があって存在しているので
  何が合う、合わない、は人それぞれだし、生きていくプロセス上で
  それ自体が変化していくと思っています。
  なので、自分で調べます。必要なら、自分から誰かに助言を求めます。
 


7.ゆるめる時間を持つ。  寝転がる。お風呂。マッサージ。リンパ系とかデトックス系とか。
  タントラ系もいいね~(笑)


8.一日一バカ、一日一笑い

  一日一回は、おバカになってみる。おバカなふるまいをする自分を笑う。
  これが一番自分の免疫力、抵抗力をあげていくかもね~~
  

9.スキンシップ  誰かとハグをする。くっつく。じゃれる。 
  人間でなくてもいいし、動物がいなければ、ぬいぐるみや
  抱き枕やクッションだっていいのです。
  それもなければ、想像の世界で、妄想する!!(笑)
  イマジネーションの効果は、実際の行動よりもある場合もある!



10.在り難いことを見つける
   「在り難い」=ミラクル。
   これは、実は、たくさん日常に溢れていたことに
   いま、気づいている人、多いと思います。

   奇跡は、日常にこそあったのだ、とこんなに実感したことはありませんでした。

   「感謝しましょう」なんて言わなくたって、
   気持ちのこもらないお経みたいに「ありがとう」を唱えなくたって、
   その「在り難さ」を味わえば、
   自然に、起きてくる畏怖の念、敬意、
   それを見せてもらっていることへの感謝が湧き上がる。

 ほんとにありがたい。 今日という日が、在り難い。
 



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する