~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

ありがとう!女神達!

昨日の、「女神集結!」にご参加下さった、
25名の皆様、どうもありがとうございました。

世の中も個人的にも、それぞれ事情がある中で、
「新しい時代」の始まりを早める意図を持って
集まって下さった皆様に
心からの感謝と敬意を捧げます。

この日のために、素敵な衣装を準備していた素敵な皆さんも、
この日を、ご自分にとっての「バンジージャンプ」と位置づけて、
大きな勇気と、怖がる小さなインナーチャイルドを抱きかかえて
飛び込んで下さった皆さんも、
本当にありがとうございました。

女性性を支える男性性(=内なる女性性)と共に
参加してくれた貴重な男性にも、心からのありがとうを。


女性(女性性)が、「踊る」ことには
とても意味があります。

それは祈りであり、瞑想であり、自己表現であり、
自然と、神と、互いと、自分自身と繋がることであり、
そのどれもが一つの踊りの中に起き得るのです。

そして、歴史的、社会的に、古今東西問わず抑圧されてきた、
女性(女性性)が、たとえば踊りという一つのツールを通して
自分の喜びや気持ち良さを表現することは、
それも、堂々と表現することは、
必ずや、歴史を大きく動かす力となるし、
またその時代が迫ってきていて加速していると
私は、本気で信じています。

その行動は、必ずしも声高らかに、「反対」を唱えたり
戦ったりするものではありませんが、
今までになく、自信に満ち、生き生きとした生命エネルギーに
満ち溢れています。

何よりも、この行動の原動力は、恐れや不安ではなく、愛です。

私は、この質による変化が、自然に、
早く広がっていく流れに入っている、と本気で思っていますし、
それがすでに始まっていると感じています。

それが、女神(=女性性)のエネルギーが起こす、
本当の、確実な変化だと思っています。


これからも、現実に起きていることの情報に耳と目をふさがず、
内なる声とビジョンにも、耳と目をふさがず、
天とも地とも繋がりを保ちながら、
右に左に揺れることをいとわず、
しなやかに、軽やかに、踊り続け、
心を、身体を、己を、世界を、動かし続けたいと思います。


ありがとうございました。



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する