FC2ブログ

「自分壊し」

以前、お世話になった、会津の整体の先生が
標語のように、繰り返しおっしゃっていた言葉:

自分磨きは、自分壊し」。

(【追記】注:脳内の習慣で、「自分探し」と読んでしまう人がいるようですが、
聞きなれないとは思いますが、「自分壊し=こわし」です。
最初、「自分怖し」と変換されるところが、なんとも意味深ですが。)


「自分らしくある」とは、「今までの自分が思う自分像」に
とどまろうとすることではない。

意識をしていないと、いつのまにか
自分が定義する、「自分らしさ」の枠の中に
自分を収めようとしがちだ。

実は、もっとも自分を制限するものは、
自分が自分に下す、「自分とはこうだ」という判断であり、枠なのだ。

だから、ちょっとした「バンジージャンプ」(=自己の成長のために
ちょっと恐れや抵抗を感じるものに敢えて挑む)が
時折あると、そのたびに、「自分」という枠が広がったり、
新しいバージョンになって、
OKでなかったことがOKになるにつれて、
イノチは、より一層、生き生き輝き始めるのだろう。


私達は、「個」という体験をしに、【ココ=個々】に来ている。

だから、「自分磨きは、自分壊し」。

時々、思い出しては かみしめる。


でも、常に「挑戦していなくてはならない」という自分像もまた、
いつのまにか、「自分とはこうである」という、決めつけであり
制限枠になりえることを、忘れてはいけない。

いつも挑戦して、勝負して、頑張って、結果を出そう、と
挑み続けてきたのであれば、
それを、勇気をもって辞めてみるのもまた、
「自分壊し」だろう。

だから、人生は、自分が起こす変化に、常に満ちあふれているのだ。


「あるがままの受容」と、「自分壊し」。

変化を起こそうと力まなくても、焦らなくても、
あるがままに居続ければ、きっと、自然な流れで、
生命の在り方として、それを壊して刷新したくなる時がやってくる。

だから、私達は、常にクリエイティブ。


私達が、真に繰り返す営みは、変化、という名前。

変化は、進化。

進化は、真我へ続く道。



関連記事

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

Amrita Eiren

貴女らしさという女性性開花プログラム、アメリカ発のアート・オブ・フェミニン・プレゼンス(AFP)の、日本初の認定講師でありマスタートレーナー。創始者以外では唯一のAFPティーチャー養成トレーナー。年に1度、講師養成トレーニングを開催しています。

元フジテレビ・アナウンサー、報道記者。
90年代末頃から、エネルギーヒーリングとカウンセリング、
精神世界関連の通訳、翻訳業をはじめる。

通訳実績は、ニール・D・ウォルシュ(「神との対話」著者)来日講演、
クリムゾン・サークル・ワークショップなど。

アムリタオリジナル英会話学習法・ハートを通して英語コミュニケーションができるようになる、スピリチュアル英会話/ハートDEイングリッシュ講師。

インナーチャイルド・セラピーやハイヤーセルフ対話セッションを行っている横浜の個人サロン・オーナー兼セラピスト。

趣味:ダンス、和太鼓。



個人セッションご予約や詳細は以下へお越し下さい。
【天空の抱擁】アムリタ映蓮

インフォメーション



アムリタのセミナー、レッスンの日程一覧はこちらから http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1953

無料メルマガ

ワンポイント☆スピリチュアル英会話☆(無料レッスン)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

QRコード

QRコード