~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

「小さな恋のメロディ」

あまりにも暑いし、世間は、節電夏休みだし、
ここのブログは頻繁に更新されてるし、
何か、変だ~~~~~~~!笑
・・・ですよね~

ま、夏休みブログということで!笑

今日もまた、動画のご紹介!←これもなんだかとっても変だ~
いったい私に、いや、地球に(!)何が起きてるんだーー

なんだか、ここのところ、毎日、愛でいっぱいなのです。
自分の意識が、そう呼ぶしかないもので満たされているのです。

そして、相変わらず、ミクシィとかでは色々なものを受信し
発信していますが、ひとつ確実に、いま私の中から、
いや、外からか?いや、同じことですね、
中からも外からも、伝わってくる、というか、
感じ取りやすくなっているのが、なんというか、ピュアなエネルギー。

純粋で、ストレートで、わかりやすくて、シンプルで…

自然や、子供が象徴するような…

あ、でも、その中には官能性も入っているのです。
(また、ここに関しては、感性の違いなので、一気に引いていく人が
いるのもわかりますが、わかる人には、わかりすぎるくらいわかるはず。)

せくしゅありてぃと、(あれ、なんでか平仮名になっちゃう)
自然と、子供は、本当のところ、切っても切り離せないものであり、
そこには純粋さ、しかないのです。(話せば長くなるので、またの機会に詳しく。)


っていうことを、私は、もう早いころから。。。

って、これ、中学の時だろうか…

この映画で、感じていました。


死ぬほど、死ぬほど、好きだった映画。

この映画そのものにも、この映画の中の登場人物にも、恋をしました。

マーク・レスターでも、ジャック・ワイルドでもなく
可愛いトレーシー・ハイドに。

今風に言えば、ほんとに、萌え~~!だったのですぅ


今見たら、どんな感じがするのかな…

一番好きだったシーンは、トレーシーがバレエのレッスンをしているところ。

あ。やっぱり、その頃から、私、ダンスだったんだ…

あそこで、ダニエルと同じく、私も一瞬にして恋に落ちました。メロディに。



少なくとも、この予告編では、あの頃の、切ないようで
幸せな、初恋がよみがえってきます。

最近、DVDが出たという話です。
単に中高年の懐かしの名作なのか、それとも今の人が見ても
素敵な映画なのかわからないけれど、
少なくとも私は、この映画ほど、ピュアな初恋の状態にさせてくれる映画を
今まで他には知らないから、なんとなく、見てない人には見てほしい気がします。


「小さな恋のメロディ」(予告編)(マイミク・るびぃさん、ありがと~)



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する