~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

「その時」に備えて

「その時」は、いつ来てもおかしくない。

そう、この国は、今、どこにいても、そんな状態なのだ。


そこに住み続けている私達の中の多くは、

少なくとも私は、

ある意味、腹をくくっているのだ。

「その時」が来たら来たで、潔く逝くまでだ、と。


「その時」のために、何をしておくのか、ではなく、

どうあるか、だけが今、重要なのだ。


いつ来るかわからないものが、来た時に、

していたい「行動」は、選べない。


外側の状況に左右されずに

選べるのは、内面の「状態」のみ。

自分の心が、内側が、どんな状態でいられるようにしたいのか。

起きることから、何を 感じ取っていたいのか。


だから私は、今日も、愛を選ぶ。悦びを選ぶ。

選び続ける。



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する