~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

スパニッシュイタリアンからサンディエゴへのインナージャーニー

月曜日の夜、来週末から始まる、ゴパルの瞑想トレーニング関係の打ち合わせを
兼ねて、珍しく、横浜駅西口の近くのイタリアンレストランへ行きました。

これが私としては結構「当たり!」でした。

私は世界に名だたる自称・究極の方向音痴と、一度行った店に二度と行けないという
神業的な特技がありまして、地図などの行き方は勿論、店の名前や料理の名前を
覚えたりするのが大の苦手です。

今回は、そんな私がネットで調べて、料理や値段など、口コミが
比較的評判のよかった、リゴレットというお店を選んだのですが、ここなら場所も
覚えやすいし、印象も強かったので1人でも迷わず行けそうです。 
あ~よかった~。

かなりの人気で、予約席がいっぱいという日も多く、1週間先の予約が
やっと取れた、という感じで、当日席は、昼も夜もかなり並ぶ、
ということだったので、予約して席を確保してから行った方がいいかも。

お料理は、いわゆる「スパニッシュ・イタリアン」という、最近よくある、
カジュアルな、スペイン風バルとイタリアンダイニングという感じで、
Tapasと呼ばれる小皿料理も美味しくて充実してました。

店内は天井が高くて広く、ソファ先やテラス席などもあり、
静かというよりは、少し大きめの声で話す感じのにぎやかさ。

ここって、イタリアのイタリアンというより、
アメリカの西海岸にある若者向けスポットのイタリアン的な感じがするのは、
私だけ・・・?

確かに日本風イタリアンではなく、本場に近い感じはしたけれど、
店の雰囲気やメニューが英語なことや、薄いお酒や
混ぜたお酒(カクテルやビールや水割り)が飲めない私としては、
大好物の「濃いお酒」、テキーラがロックで、それも、大好きな、
安くて美味しい(←ここ大事)テキーラ、クエルボ・ホワイトがあったので、
完全に、アメリカの西海岸にいる気分になってました。

それにしても、せっかく行ったのに、お喋り(打ち合わせそっちのけの・笑)と
お酒(テキーラ)に夢中で、ほとんど小皿料理だけでお腹いっぱいになってしまい、
名物と書かれてた生パスタや窯焼きピザは食べられなかったのが残念!
リベンジしなくては。

DSC02010_s.jpg

DSC02013_s.jpg

DSC02015_s.jpg
レバーペースト美味しかった~

DSC02012__s.jpg
大好物のアボカドとエビの…なんていったかな…ん~~忘れた。
でもこれが一番おいしかったー
    お店はコチラ→THE RIGOLETTO OCEAN CLUB

静かに大人の雰囲気で、ゆっくり食べたい人達には、ちょっとにぎやかすぎるかも
しれないけれど、私は、さっきも書いたように、昔、
4年制のヒーリングスクールに通ってた頃、そのうち3年間は
カリフォルニアのサンディエゴを行き来していたので、
そこの、ちょっと新しい、スタイリッシュな店の雰囲気を思い出して、
すっかり嬉しくなってしまいました。

そういえば、サンディエゴにまつわる、不思議な私の【前世】話があります。
急に思い出したから、書いちゃおうっと♪
(かなり長~~い話を、できるだけ短くお伝えします♪)

サンディエゴに通うことになる前、アカシック・リーディングなどで有名な、
ゲリーボーネル氏にリーディングをして頂いたのですが、
その時に、私が、「ひとつ前の過去生で、サンディエゴで医者をしていた」、
と言われたのでした。
女医で、早くに夫を亡くした後は生涯独身で、晩年は、
サンディエゴで東西の文化の研究所を設立してすぐ亡くなった、と。

ゲリーは、その時、私が今世、「与えに」来たものはヒーリング能力。
「受けとりに」来たものは、「セクシャルな冒険と探求」、と告げてくれたのですが、
そのどちらも、その時の私にはまったくピンとこないものだったのでした。
(それが、今じゃ、ねぇ~~~今思うと、びっくりですよ~~)

今でもそうですが、その頃から、いわゆる「リーディング」というのを
そのままうのみにすることは決してないものの、自分がそれを「聞く」選択を
しているからには、なんであれ意味がある、とは思っていた私ですが、
このリーディングばかりは、そんなものではすみませんでした。

そのリーディングから数日後、ある集まりで、偶然、ヒーリングスクールに
通い始めた、という人に出会い、ゲリーのリーディングのことがあったので
興味津々で話を聞くと、なんと、【サンディエゴ】の学校に通っているとのこと!

そのことだけで、かなり驚いた私は、それまで、自分がヒーリングをする、
などということにまったく関心がなかったにも関わらず、
思わずその場で、詳しいことを聞き、いてもたってもいられず
とりあえず申し込んでしまい、数か月後にはアメリカに旅立ったのでした。

サンディエゴの街が空から見えて来た時、
なぜか、ぼろぼろ涙が止まりませんでした。

そして更に偶然が重なって、Del Marという、ゲリー氏が具体的に名をあげてくれた、
小さな町に住む人と、なぜか知り合って、彼女にその町を案内してもらいました。

すると、町に入った途端、強烈な懐かしさに襲われ、
あの角を曲がると海が見える、とか、この先にカフェがあるのではないか、など
自分でも不思議なくらい、その町を知っている、覚えている、という感覚に
なっていました。(強烈な方向音痴にも関わらず!)

そして、そのお友達も興味津々になってくれて、2人で、町の図書館に行って
女医さんについて調べてみました。

この時、私自身は、知りたいのが半分、知りたくないのが半分。
もし、ゲリーの言ってた通りなら、女医さんを見つけるのは簡単…
でもそれが、「はずれてた」感じを味わうのは嫌だから、
このまま調べないで、知らないままでいい…などとも思いながら…

ある一冊の本の1ページに目が釘付けになりました。

パラソルをさした貴婦人。

「!!!」と思った次の瞬間、お友達が、「この人だ!」

女医さんで、East West Culture Centerという施設を創って亡くなった…

などなどの記述の最後に…決定的に、私がノックアウトされた一文が。

「彼女は、紫色が異様に好きで、家も診療所も、カーテンやカーペット、
寝具、洋服、何もかも紫色で揃えていたので、
町の人達は、彼女のことを、『パープル・レディ』と呼んでいた。」


…ね~ もう言葉がありませんでした。
これが私じゃなくて、誰?!という。


そして、その後でした。

私が、それまでも、死ぬほど大好きなもの達、3つと結びついたのは。

私の大好きなもの。

1.アボカド
2.テキーラ
3.スペイン語

これらすべて、メキシコとの国境に近い、サンディエゴにあるものでした。

いや~もっともっと不思議な体験はいっぱいあるのですが、
今日は、このへんで。

このお話は、何も、前世を立証しようとか、過去生リーディングやヒプノの
話に持っていくために書いたのではなく、あくまでも雑談で(笑)

ミステリーはミステリーのままに。

「不思議」という感覚は、私がスピリチュアルなことに関して
もっとも大事にしている、不確かなものについての「確かな」感覚です。
「わかっている」感や、「盲信」ではなく、否定や疑いでもなく、
【たくさんの不思議】=Full of wonder=Wonderful という感覚で、
目に見えない世界を、喜びと好奇心と共に、肯定的に味わうのがいいのです。

そして、ゲリーのリーディングがなければ、サンディエゴへ
行かなければ、今の私がしていることはしてなかったかも、という不思議。
私が、今のスタイルのセッションをするまでには、まだかなり先が
ありましたし、タントラにたどりつくまでにも何年もありましたが、
いわゆるヒーリング業界に足を踏み入れたのは、あれがきっかけだった
ことは間違いなく、そういう意味では大転機となった節目だったのでした。


それにしても、横浜駅西口のスパニッシュイタリアンのお店で、
インドのガイド瞑想WSの打ち合わせをしたという話から、
最後は、カリフォルニアの前世の話へ行ってしまった(笑)
グローバルだな~~。多次元旅行だな~~笑



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する