~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

緊張とリラックス

今日(日曜)は、先日ここでもお知らせした、瞑想家でミュージシャン、
ゴパルの「変容のためのリラクゼーションと催眠のone day~
変動する世界での内なる安らぎ~」という1日ワークでした。

実は、てっきり今日は「一参加者」だと思っていたのですが、
蓋を開けてみたら、主催者の方に、今日も通訳を仰せつかり
ゴパルとは初対面でしたので、ちょっと焦りました(笑)

でも、比較的なじみのある、シンプル(でも勿論パワフル)な
内容であったことや、通訳に優しい話し方をしてくれたのも
あって、私としてはとてもやりやすく、皆さんからのフィードバックも
よかったですし、このような通訳の機会を頂いて本当に光栄でした。

ワークの中で特に強調されていたことで、私自身も日頃から強く
思っていることは、日々の生活の中に、人間は、
「緊張とリラックス」両方のリズムがあるのが自然なことであり、
「緊張」そのものがストレスなのではなく、
「リラックスしなくちゃダメ」とか「緊張してはいけない」などと、
「緊張の状態と『闘う』」ことこそがストレスになるのだ、ということです。

まずは、自分が、緊張の状態にある時、それに気づき、それを認め、
身体の内側で感じていることと共にそのまま受け入れてみると、
それだけでいつのまにか自然にリラックスに向かい始めることが
多いのだ、と。

どんな状態であれ、自分のあるがままに対してその時その時
イエス、と肯定することで次のサイクルに向かい始める、というのは
インナーチャイルドセラピーなどにも通じることです。

ワークを通して、終始、「リラックスのみを強調するのではありません、
緊張とリラックス両方が人間にとって大事なので、その流れを止めないこと、
その両方を認めることが大事なのです」、と言われていたことは
私自身も大いに共感しました。
そして、終始、とてもとても美しく、シンプルでパワフルなワークでした。

そして最後に、ゴパルのディルルバの生演奏で静かに瞑想。
ディルルバを生で聴いたのは初めてだったのですが、
ハートが震えるとはこういうことか、と思うくらい、
心にしみわたっていき、私は個人的に大好きな音色で、
これで瞑想できるなんて、なんて豊かな経験だろうと深く感銘を
受けました。

来週23日から27日までは、江ノ島での5日間のトレーニングに
なりますが、それを通して参加者の皆さんにどんな変容が起きるのか、
またこのようなガイド瞑想をそれぞれの人がどんな風に自分のものとして
習得されていくのか、見届け、お手伝いする機会を頂けるとは、
なんとありがたいことでしょう。
(ちなみに、このトレーニングはまだ申し込み間に合います!)

緊張とリラックス、身体の内側での収縮と拡大の感覚のワークを
たくさん行った後は、ワークに参加していた何人かと
楽しい食事タ~イム♪

DSC02130_s.jpg

瞑想会などの後、都立大学周辺でご飯を食べて帰ることは
今までも何度もあったのに、今日みたいなインターナショナルな
雰囲気の場所は初めて!しかも、すごく美味しかった~!
今年初のボジョレーヌーボーも飲めたし♪

DSC02148_s.jpg

(ワインは全然詳しくないのですが、ボジョレーヌーボーは
やっぱりいつ飲んでも、ちょっと『若すぎる』と、生意気にも
感じてしまうのですが(^_^;)、でも季節の話題としては楽しい♪)

なんだか、一緒に食べてたメンバーのせいなのか(笑)
段々、雰囲気が妖しい感じになり、美味しいお食事を、
「堪能」しているというより、「官能」している感じに
なってきて(いつもは私だけがそうなってるんだけど、今日は
結構、他の人もなってたぞ~~~)いや~楽しいタントリック・
ディナーを存分に味わいました!

お店の方達、随分サービスしてくれたんだけど、私達、
相当…うん、かな~~り妖しいグループだったと思います、はい。

DSC02149_s.jpg

おまかせで作って頂いたら、全員の分のものすごい量のパスタが
運ばれて来てびっくり~。でも美味しかったよ~ソラマメとかアボカドとか
エビとかカニが入ってるの♪
パンまで追加で頼んで、皆で、残ったソースつけて食べちゃったもんね~♪

そして、なんといってものけぞりまくり、悶絶、官能炸裂!だったのが
このパンプキンチーズケーキに、ココナツアイスがのってるデザート!

111120_205445_s.jpg

もうね、これは完全にサービスで付けてくれたと思うのだけど、
も~~~これ食べれたことで、一気に、すべての細胞が、
ゆるゆる~~とろとろ~り、りら~~~っくす~~~だけじゃなくて
えびぞり(!)、よろこび満載~~~~な状態になりました!

→お店は、コチラ ADDIS (都立大学駅徒歩4分)


そして、今日のまとめ!(^_^)/
緊張とリラックスは、両極を生きる人間にとって、両方なくてはならないもの!
バランスよく取り入れていこ~♪

強い緊張がある生活パターンの場合は、まずその状態と戦わずに
受容することで、それに匹敵する、あるいは、それ以上のリラクゼーションを
可能にする、とのこと。
そうやって、本来の人間のリズムは自然にバランスを取れるように
なっているはずなのだ、と。

それでいくと、緊張が強いほど、深いリラクゼーションの可能性もある、
ということになりますが、

「あくまでも、私達はそれを『探求』しているのです。」というゴパルの姿勢、
私はとてもとても共感できます。


さ~て、これでベリーダンス公演のリハーサル(結構緊張・笑)も頑張れる~♪



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する