~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

プロの技

22_6745_s.jpg

私ごとだったので、特にこちらには書きませんでしたが、
去る10月9日に、いつもベリーダンスを習っている先生のハフラ
(ダンスパーティのような、ミニ発表会のようなもの。
元は、「ホームパーティ」の意だったそう。)が、
横浜・桜木町のレストランであり、私も出演させて頂きました。

いつも行っている教室としては初めて
ソロを踊らせて頂いたのですが、この曲は
先生から、私に合っているから、と勧めて頂き
実際、とてもとても気に入って、今や1月の発表会に向けても
この曲で出演するために日々練習する毎日です。
(1月の公演は、群舞です。)

ベリーダンスの素敵なところはたくさんありますが、
なんといっても、女性性の活性化。
ホルモンバランスや性的欲求や表現の解放とか(?!)
女性にとってとても素晴らしい要素がたくさんあります。
腰をふんだんに動かしたり、それも8の字を描く動きなど
スピリチュアルにも意味の深いものが多いのも魅力。

そして、何よりも年齢に関係ないこと。
つまり、私のようなかなりの「熟女」でも、
むしろ適している、と言われるくらい、年齢を重ねることが
逆に、踊りを深めていくと言われることでとても
救われております(笑)

そうはいっても、お腹を出して踊るわけで
かな~~~~りのチャレンジであることは、間違いなく、
私自身は結構開いている、いや、開き直っている、から
いいのですが、年相応の、たっぷんたっぷんの立派なお肉の付き具合を
見せて、観てる人に、それに耐えて頂くのはいささか気がひけたりしますです~

ま、とにかく、この日踊った曲は、女の情念の歌、とでも言える、
なかなかパワフルな情感たっぷりの、怒ったり泣いたり、
日本の演歌のような歌振りなのですが、私は、びっくりするくらい
「表現力」を色々な人に褒めて頂き、踊りの技術ではなく、
大人の女としての「顔芸」で拍手を、いや、「笑い」を頂いた感じでした~笑

結構、本人真剣だったんですけど、ウケてましたねぇ~
お肉のインパクトが強過ぎて、観てて笑うしかなかったのかも!笑


ありがたかったのは、先生が、私達のために
プロのカメラマンの方を呼んで下さっていて、
1人1人のダンスを丁寧に撮って下さっていたこと、
終了後、ちゃんとポーズを決めて撮影して頂いたことです。
そんなこと、なかなかないですよね。
ダンスを教える姿勢にすごくすごく愛を感じます。
ありがたいことです…

しかも、それを先生が、一人一人のために編集して
DVDと一緒に個別に焼いて下さって…なんという手間…(涙)
それを今日、あ、もう昨日か、頂いたのです。

そんなプロの方が撮って下さったもののうち、
なんとかお腹も隠れていて、さすがプロ!と思った何枚かを
張り付けちゃいます。

先日の太鼓の動画や写真もそうですが、
見て下さった方の中に、刺激を受けて、自分も太鼓をやろうと
思った、とおっしゃって下さった方や、
自分を表現し、解放しきっている姿に涙が出た、とまで
言って下さった方が何人かいらっしゃり、それなら本望なのです。

私は、あれこれ、説いたりするよりも、
日々、自分の在り方、生き方をお見せすることで、
なんらかの刺激が、その人の持っている種やギフトに
伝わればいいな、と思ってるので、
こちらでも、こんな風に、恥を忍んで公開しちゃいますね♪

え~いっ!そりゃー!


22_6767_s.jpg
22_6923_s.jpg
22_7015_s.jpg


(H先生、カメラマンのN様、本当にありがとうございました。)

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する