~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

「いま傷ついているなら」

DSC02261_sm.jpg


「あなたは、ひとが考えたり、言ったり、したりしたことに
傷つくだろう。

いつか、傷つかない日が来るまでは、しかたがない。

その日に最も早く到達する方法は、
完全に 正直になることだ。

自分がどう感じているかをはっきりさせ、認め、
口にすることである。


あなたの真実を 語りなさい。


優しく、しかし包み隠さず
真実を 語りなさい。

あなたが 真実だと感じるように
生きなさい。

おだやかに、しかし、一貫して
あなたが 真実だと感ずるように生きなさい。


経験によって、新たなことがわかったなら、
素直に すばやく変更しなさい。


まともな精神を持った者なら誰でも、
ましてや神なら、
人間関係で傷ついても『受け流せ、平気でいろ』
などとは言わない。

いま傷ついているなら、平気でいようとしても遅い。

あなたがすべきことは、傷ついたということが
何を意味するかを考え、それを示すことだ。


そうすることによって、あなたは
こうありたい、と思う自分を選び、
その自分に なるのだから。」


(ニール・ドナルド・ウォルシュ著「神との対話①」より)


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する