~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

ただいま創造中

舞台監督さん、照明さん(ベリーダンススーパースターズの来日講演の照明も
務めた方だそうです)、音響さん、そして振付の総合監修の先生などなど、
たくさんの、「舞台」を作るためのプロの方達にチェックして頂いてる中での
総合リハーサルが、昨日終わりました。

大勢のスタッフと一緒の「現場」は、テレビ局時代をいつも思い出し、
自らの意思で業界を去って、今はちょっと、「社会」からは
はずれて、一人で仕事をしているけれど、とても懐かしい雰囲気。


そして、大御所の小松先生を含む、大勢のプロ、セミプロ、そして「生徒」の私達。
観ていて、皆、本当に素晴らしくて感動します。


普段やっている、自由でおおらかで、自分の中から出てくるままに
あるがままを瞬間に解放して踊る、ダンス・メディテーションや
上手い下手関係なく、その瞬間を最高に楽しむ、友人達との即興ソロの祭典も
とても素晴らしい創造・表現活動だし、大事だし、楽しい。


でも、それと同じくらい大好きなのが、こういう、
協調性や対話を通しての理解が大事になる群舞や、
自分ひとりではない、大勢で一つのものを創り上げるプロセス。

そこにある、個別の、そしてグループとしての、ひとつの舞台を仕上げる意思が
重なり合い、時にぶつかり合いながら、人間という集団が
何かの意図の元に、お互いを結び付けながら、個別の表現をしつつ
最高のものに向かっていく。


またこんな機会を頂けて、本当に幸せです。

「発表会」の時も、もうこれで最後かな、なんて思って臨んだし、
今回の公演でも、ちょっとだけ思ったりしているけど、
宣言しようとまで思わないかな。

だって、年齢を超越したダンスなんだもん。

まだまだ面白くてしょうがないもん。


あと数回のリハーサル後、
いよいよ明後日本番です。


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する