~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

出窓マジック~旋回する2羽の鳥編~

久しぶりの強烈な「出窓マジック」がありました。

過去の「出窓マジック」については以下をどうぞ☆

羽が舞い降りてきた朝
出窓マジック~不思議な鳥編~
不思議な鳥@おまけ
またまた不思議な鳥・続編
また出窓マジック~2羽のアゲハ蝶編~
今度は風船が現れた
出窓マジック・「マル・マル・モリ・モリ」編

あ!また例によって、書いてから気づいた。

「マジック」...まるで前の記事からの続きだー!


今日(もう昨日)は、立春ということもあってか、
なんとなく、変わり目独特の、強いエネルギーシフトのような
ワクワクのような不思議なエネルギーが感じられていたのだけど、
いらしたお客様も、最初からそうだったそうです。

いつも、セッションルームのお客様の側の椅子の近くの
出窓のところには、待ち時間などに自由に引いてもらう、
オラクルカードが何種類か置いてあるのですが、
そのお客様は、「何か今日のメッセージが欲しい」と思って
それらの中から、何枚か引いていらして、そのうちの1枚が、
「アッシジの聖フランチェスコ」のカードでした。

私は、何度も見ているカードですから、
ちらと見てから、いつものように、
出窓のところでお茶を入れながら、軽い雑談で、
異常気象の話、大雪の話などをしながら、
ツイッターで友達がつぶやいていた、
「イタリアにも雪が降っているらしい」という話を
しかけていたところでした。

その時です。「雪」という単語までさしかかる前、
イタリアのフローレンスの地名を言うか言わないかで、
私の目に飛び込んできたのが、
すぐ目の先の高い空を、くるくる、大きくゆっくりと旋回しながら
飛んでいる、2羽の大きな鳥でした。

結構上空だったので、なんの鳥か、はっきりは見えませんでしたが、
私の目と心をとらえたのは、
その、なんともいえない、ゆっくりしたスピードと、
いっこうに移動せずに、同じ場所でず~っと2羽で
旋回し続けている様子。

あまりにもいつも不思議なことが起きる、例の出窓なので、
どうしても、その飛び方が、「意味ありげ」に見えて
しょうがなかったのです。

お客様にもそれを告げて、2人で、しばらく
その、旋回する2羽の鳥をじっと見ていました。

2羽は、くっついたり離れたりしながら、
くるくるくるくる、円あるいは弧を描くように、
時には、無限大の∞のように、
時には、らせんを描いているかのように、
同じ場所で、ずっと、ゆっくり旋回していて、
まるでアクロバット飛行でもしているかのような、
あるいは、空を舞うダンスでもしているかのような、
とても優雅で不思議な動きでした。

しばらく口をあんぐり開けてみとれていた後、
あまりにも不思議に感じたので、
例によって(笑)、「これ、撮っておこう!」と私が
口にしたとたん、あんなに遠くなのに、
まるで聞こえたかのように、
それを合図とするかのように、2羽は、すーーーっと
向こうの空の彼方へと、飛んでいって
見えなくなってしまいました。


この2羽とこの動きが象徴するものについては、
その後のセッションで、他に引かれていたカードにも
すべてに完璧すぎるほどの意味があって、
興味深い展開に、相当驚いたのですが、
その内容は個人セッションなので控えておきます。

でも、その前に既にもう充分、WONDERを受け取って、
感動しきっていました。

この光景を見たそのあと、セッションを続けるために
椅子に座りなおすと、先ほどのカードが目に入ってきたのです。

アッシジの聖フランチェスコのカードには、
フランチェスコの肩のところに、2羽の白い鳥が
描かれているではありませんか!

DSC02317_s.jpg

しかも、カードのキーワードは「Animals」だし。

それにしても、あの2羽で旋回する飛び方...
実際、鳥の飛び方としては、何のためなんだろう…

それから、冒頭、話しかけていて途中だった、「イタリアに雪」、
という話の時は、まったく意識していなかったのですが、
アッシジの街もイタリアにあるのです。
急にリンクして、鳥肌ものでした。
はっ。。。『鳥』肌って...


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する