~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

子から個へ(インチャイフォローアップ終了)

一昨日の、第一回インナーチャイルドフォローアップセミナーに
参加して下さった皆様、どうもありがとうございました。

皆さんのエネルギーのおかげで、やはり私が思っていた以上に
深い内容が次々と、やってきて、ほとんどセミナー用に作ったノートとかワークシートなども必要ないまま(一応持っていたのですが)
進行していきました。
そして、ところどころ記憶が抜けている...汗

トーク中心の「セミナー」だったとはいえ、
いま思うと、とても高いエネルギーフィールドだったのだなぁと思います。

(参加者の方の生後9か月の赤ちゃんが、セミナーの間中、
一度も目を覚まさずに眠っていたというのも不思議な
ミラクルのひとつでした!)

参加者の方からの感想やブログ、日記などを読ませて頂きながら、
私自身の意識状態が普通じゃなかったのだなぁと実感しています。
伝えられた内容は、とても深く、私の記憶に残っていない言葉なども
いくつか...

そして、それぞれの皆さんが、それぞれ微妙に違うポイントで
じわじわとご自分に浸透させていっていらっしゃるのが
やはり皆違うのだな、と「個」を見せて頂いています。

いつも私、書かせて頂く通り、
私は、「答えを与える人」の役割ではなく、
「問いかける人」でありたいのです。

いや、追記しておこう。
誰か他の人達に対して、だけでなく、
自分も含まれていることを表現したいから。
より正確には、
「答えを求める人」ではなく、ということ。

そして、究極には、「問い」も「答え」も一つ。

その人(私自身も含む)の中にある答え、
その人の奥の核のところにいるインチャイちゃん、
そこに向かっていく道もその人自身にしか、あるいはその人自身にも
わからない選択の道、それに繋がっていくような、
大切な問いを投げかけさせて頂くことで
その人自身(私も含む)の気づきや探求の歩みを進める一歩を
踏み出すきっかけになれれば、この上なく幸せなのです。

今回の、「副題」だった、【「子」から「個」へ】

インナーチャイルドセラピーをある程度受けた方達、
一通り、うちのセラピーで使う用語や視点を理解して下さった方達に
もう一度思い出して頂くプロセス・・・

子供から、自立した大人へ、という意味かもしれないし、
小さな子供から、個性というギフトへ、という意味かもしれないし、
外側に揺さぶられ、影響され続ける子供の状態から、
「独り在ること」の楽しみを味わう状態へ、という意味かもしれない。

いずれにしても、個であることは、今、個々=ココ(here)、
今ここに生きている意味でもあるのです。


やがて、個は、弧を描きながら円(縁)を作り、
oneから、大いなる一つの【 One 】へと
還っていくのですから…



次回インナーチャイルドフォローアップセミナーは、
未定ではありますが、好評だったこともあり、また開催しますので
今回タイミングが合わなかった方達も、
そして今回参加された方達も、
ぜひ、またこの意義深い「集い」にお集まり下さいね。

そして、いつもながら、個人セッションの時も
グループの時も、参加者の皆様のご自分に誠実で正直で
真摯な探求の姿勢に、頭が下がります。

私が放ったもの以上の深みと輝きと共に
返して見せて下さって、本当にありがとうございます。



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する