~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

帰りました

DSC02632_m.jpg

ただいま~♪
18日(水)夕方、無事帰国致しました。

翌19日は早速踊る機会を頂き、
今日久しぶりに、ゆっくり自宅で過ごしました。

毎回そうですが、
濃密な体験、プロセスは、
そうそう言葉にできるものではありませんね。

今回は、私は「通訳」スタッフでしたが、
行く前にも書いて行った通り、
皆のプロセスを目撃するということは、
ある意味、参加者以上に多くのギフトを
受け取らせて頂くこととなりました。


たくさんの、「瞬間」を共にさせて頂きました。

人が、「無防備になる」選択をする瞬間。
その無防備さ、という「弱さ」の中で、
どこまでも正直で、自身に誠実であろうとする瞬間。
そこから、真=芯の強さと輝きが
奥底からほとばしり始める瞬間。

「ただの」人間で在る、ということは、
なんと、なんと、なんと美しく素晴らしいのでしょうか。

そしてそれを、私達は、
なんと、難しくしてしまったことでしょう。

貴重な体験に自ら飛び込んでいく皆さんの
数々の選択の瞬間に立ち会わせて頂きながら、
ただ、そのスペースを神聖な安全な、
大切で安心な場所としてキープすることに、
それはつまりは、何かを「してあげよう」などと
おこがましくも考えずに、
私自身も、ただそこに、シンプルに、
「在る」ということに、
徹して没頭することを許せた日々でした。

しかもこれが、日本人だけではなく、
国や文化を越えて
挑戦、探求し続ける人達が共有するスペースであったことは
終始、人類の希望をそこに確かに見出す境地でした。

ナチュラルな自分を取り戻すこと…
それは、セクシュアリティと別に起こるものでは
なく、むしろそのものにオープンでいること、
向き合うことこそが、真正面に見据えることに
直結していきます。

それは、一人一人個人の心の平穏へ、
世界の平和へと繋がっていくものであり、
今、人間はまさにそこにさしかかっているのだと
なぜか確信している私がいつもいるのです。


今月末には、タントラライフの
日本人オーガナイザーによる、
初の2日間のタントラ入門WSがあります。
ピンと来た方は、ぜひどうぞ。
→The Path of Tantra~タントラの道~
イントロダクション・コー​ス@TOKYO



以下は、今回の旅の想い出の一部。
一応、関係者にしかわからない時系列になっていますが
想像して楽しんで頂けたら幸いです(笑)
近くFacebookのアルバムにもっと色々載せる予定です。

DSC02619_m.jpg

DSC02687_m.jpg

DSC02692_m.jpg

DSC02700_m.jpg

DSC02705_m.jpg

DSC02707_m.jpg

DSC02715_m.jpg

DSC02725_m.jpg

DSC02727_m.jpg

DSC02709_m.jpg

DSC02728_m.jpg

DSC02737_m.jpg

DSC02740_m.jpg

DSC02742_m.jpg

DSC02780_m.jpg



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する