~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

満月、My 舞、ウエサク祭

昨日書いたように、今回の京都滞在は、
いくつもの「おまけ」付でした。
そのどれもが、私を豊かにしてくれるリソース。

まずは、私達の宿泊施設、→関西セミナーハウス
リニューアルして、その昔、私が滞在した時よりも
(そういえば、その時もスピリチュアル系のWSの通訳だった)
ずっと綺麗になっていた!!

DSC02882_s.jpg
広~~いお部屋。

DSC02884_s.jpg
書斎のようなコーナーも。

DSC02925_s.jpg
気持ちの良いテラス。

DSC02913_s.jpg
お庭には、満開のシャクヤク。

DSC02917_s.jpg

偶然通りかかった、3匹の犬君たちが仲良く撮影タイム。
DSC02924_s.jpg


そして、なんといっても、お食事が美味しかった!
以前来た時とはまったく違って(^_^;)
毎回、毎回、皆の口から、
「美味しい~~!」という歓声が。

DSC02885_s.jpg

しかも、すべてベジタリアン向けでお願いしたと
いうことなのですが、これがまた
本当に良く工夫された、とても美味しい
ベジタリアン料理でした。
本当に、心からシェフに拍手~!!!\(^o^)/

そして、勿論、昔からここの特徴である、
お茶室と能楽堂があるということ。

その能楽堂で、昨日書いたように、今回
催されたゴパルのディルルバ演奏会の際に、
私のエネルギーダンス、My 舞 を披露、いや、
奉納させて頂く機会を頂きました。
なんと光栄なことでしょう…!

満月の夜の能楽堂。
DSC02939_s.jpg

ハートに沁み渡るような、そしてそこから
無限に広がっていくような、ゴパルの言う、
「音が、聴き手を静寂に連れていく」
ディルルバの瞑想的な素晴らしい演奏。
DSC02931_s.jpg

そして、その後に、余興として(?)
例の(笑)My 舞 を舞わせて頂きました。
546377_379032582149585_100001285385793_1071500_263295595_n_s.jpg

かなり巫女的な意識となっていた私は
その場に、21の側面を持つ、
ターラ菩薩を感じながら、笛とパーカッションの
生演奏で、即興で踊らせて頂きました。
538685_379032118816298_100001285385793_1071499_984585968_n_s.jpg

とても気持ちの良い、ものすごくパワフルな
女性性のエナジーでした。
DSC02932_s.jpg

530456_379031572149686_100001285385793_1071498_805077681_n_s.jpg

終わった後、説明していないのに
何人もの方が、女性性の豊かな感情と想い、祈りを
受け取って下さったとのことで、私の方が
感動してしまいました。
本当に、在り難い機会を頂きました。

その後の、ミュージシャンの皆の演奏で、
能楽堂で(!)歌って踊って、大騒ぎ~!も
とっても楽しかった!!


そしてそして、最後のおまけは、なんといっても、
トレーニング最終日の夜に
期せずして、行ける流れとなった、鞍馬での
ウエサク祭でした。

ウエサク祭は、5月の満月の夜に行われるお祭り。
「お釈迦様が生誕・入滅・そして悟りを開いたのは
すべて5月の満月だった」と言われているのだそうです。

そして、この鞍馬山は、天狗や義経でも有名ですが、
エネルギーヒーラー達の間では、
「レイキ発祥の地」としてもよく知られている、
パワースポット、スピリチュアルスポットです。

また、この鞍馬寺に祀られているのは、
「宇宙神霊・サナトクマラ」で、「宇宙」という言葉が
そちこちにたくさん刻まれている、とても珍しいお寺で
あるばかりか、実際に「気」や「エネルギー」を
感じる者にとっては、感じ方の表現は色々でしょうけれど、
確かに、特別な感じのする場所だと思います。

ウエサク祭が行われる5月の満月は、
「天界と地上界の間に通路が開く」日と言われ、
世界中から、スピリチュアルな意識を持つ人々が
集まって来て、満月を仰ぎながら、瞑想や祈りを
捧げる日なのです。

特に、今年は、月と地球が接近するスーパームーン
だったということで、月の明るさも普段の何倍もに
感じられました。

大勢の人が集まっているにも関わらず、
境内はとても静かな気に満ちており、
月の明かりが、意識の光明であるかのように
私達を照らし続けていました。

お清め、祈り、目覚め、の三部構成で
真夜中まで続くお祭りで、
途中で帰るつもりだったのに、なんだか不思議な
時間の過ぎ方で、とても寒かったにも関わらず
気づくといつのまにか、お焚き上げで、
結局最後までいてしまいました。

人間とあらゆる生命の意識の目覚め、夜明けを
心から祈る部では、そこに集まった人々の
純粋な祈りの意識がクリアーに伝わってきました。

こんなに特別で厳かで、純粋な、意識の目覚めを
祈るお祭りに、2012年という年に参加できて、
というより、期せずして参加する流れになっていた、
ということが、今回の旅の何よりの「特典」でした。

同時に、その前のトレーニングの内容とも
重なって、人間が今通っているところは、
本当に、大きな大きなシフトなんだ、と確信しました。


お祭りや儀式は撮影禁止だったのですが、
お寺の方が、お寺の中から月を見る角度で、
「ここから、満月の写真撮っていいですよ」と
促して下さった場所で、パチリとシャッターを切り、
後で見たら、たくさんのオーブ(球体)が
映っていました。
DSC02955_s.jpg



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する