~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

第一回スピリチュアル英会話2クラス終了☆

火曜日の平日クラスに続いて、
週末クラスも、無事、終了しました。

初めてお会いする方や、遠くから
茨城や千葉、そして九州からの方まで(!)
(このレッスンのためにこちらにいらした
わけではありません・笑)
そして、1週間のお仕事で疲れて眠い中を(笑)
参加して下さった皆様、ありがとうございました。

同じ内容、同じ「初回」なのですが、
やはりグループのエナジーというのは
面白いほどにそれぞれ違って、
私の状態もとても違うので
大変興味深く、私自身も楽しめました。

今回は、とにかく、
「日本語で、訳を当てはめて
頭で考えようとする」のを
辞めるために、Let goという表現を使って、
そのいくつもの使われ方や状況を
味わって、体感して頂きました。

特に今日のクラスで、自然にその流れが
やってきたのですが、
Don't let go!!!と叫びながら、
沈もうとする人を引っ張っている時の状態は、
「手を放すな」、という意味だけでなく、
「あきらめるな」、ひいては、
「死ぬな!」になります。

この、「死ぬな!!」「生きろ!!」の感じは、
Don't let go で表すことが多く、
そうなると、Let goするということは、
死ぬ、ということになります。

これ、深いですね…
これぞ、まさにスピリチュアルEnglishです。

すべてを、Let go する時は、
死ぬ時…
死を受け入れた時…

Let go は、 be free という感覚と
セットであることを思い出すと、
最終的な、私達のLet go は、
この生へのLet go であり、
それが、究極の、Let go の後の
free!という感覚に向かっていくこと…

究極のfreedomは、死・・・

このLet goの表現は
あまりにも深くて、さまざまな面があって、
そこまでくると、もはや、
それを日本語で言うと何になる、かなどは
考えていないのが、今回のレッスンでは
理想の状態です。


次回は、今回よりも、参加者の皆さんが
英語を口にしてみる時間を増やし、
私が英語を喋っている時間も
少しずつ長くしていきますね。

次回は、自分にとってのLet goについて、
お話、あるいは例や状況を言える人は
シェアして下さい。

そして時間があったら、今回お配りした、
ZEN Tarotより、【Letting go】の解説を使って、
原文の読み方、理解の仕方のコツなどを
もう少し詳しくやりましょう。


そして、今日も好評だった、カラオケイングリッシュ♪
image0002_sm.jpg

やはり、実際に、英語の「音」を
どうやって、繋げて発音するのか、は
歌うのが一番いい「体感」エクササイズになりますね。

皆さんも楽しまれていたようなので、
これも次回、引き続き、オプションとして、
行きたい人、英語の歌を練習したい人などで、
やっていきましょう。


次回週末クラスは、6月23日(土)10:30~12:30
会場は、今回と同じ、JR本郷台・あーすぷらざです。

平日クラスは、6月26日(火)12:30~14:30
(時間早まりました)
会場は、上記と同じ、あーすぷらざです。


今のところ、レベル的に適しているのは、
「日常会話に自信がない人」ですヨ☆
初めての人も、どうぞ遠慮なくいらして下さいね♪

あ、勿論、個人レッスン、遠隔地の方のスカイプレッスンも
随時受付中です。


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する