~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

「遊びたい!」

「遊びたい!」という声や欲求は、
インナーチャイルドセラピーに限らず
とても大事なものです。

純粋に、「遊び」という意味でもそうですし、
「遊び心」というものの大切さ。

大人になっても、どころか、
大人だからこそ、そして年齢を重ねれば重ねるほど、
この「遊び心」、Playfulness は、
素敵で、大切。
色々な意味で「幸せ」感覚への鍵だと思います。

それが、なかなか許せないだけでなく、
その声があることも忘れてしまっているのが、
大人として、「問題」に「深刻」になっていたり、
忙しすぎて、心に隙間/余裕のない状態。

深刻に向き合うことも、真剣そのものの迫力も
素晴らしいですが、いつもいつも、
「私のやりたいことってなんだろう」とか
「私らしさってなんだろう」などということを、
深刻に突き詰めようとしていても、
その鍵を握っている、小さなチャイルドは
自分の奥の方に押し込められたまま、
出て来れないのです。

そんな大人が、実際の子供達の遊びの大切さすら
忘れてしまって、遊び時間を与えていないとは
それこそ深刻な問題だー!

子供は遊ぶのが仕事!子供は遊びを通して
学んだり、教え合ったり、気づいたり、
創造性を発揮していくんです!
子供から遊ぶ時間を奪うなぁー!

遊び心は、「余裕」であり、余裕は「スペース」であり、
スペースは、「空間」(=から)であり、
白紙であり、埋まっていない予定であり、
決められたプログラムで動くのではない「自由」。

遊び心は、創造性を育てるのだーー!


ハァーハァー…ちょっと興奮してしまいました。


タイミングが合えば、という前提はありますが、
うちのセッションルームには、「遊び道具」が
色々あるので、ご紹介します。

先日、いつも心のエステのような、
インナーチャイルドセラピー的メンテナンスと、
スピリチュアル英会話の個人レッスンの
二枠をご予約されていらっしゃる方が、
ちょうどしんどい感情が出てきた後であるものの、
その日のその方は、私としては、どうも、
それを「掘る」ようなことをしたり
感じ切ることを促したり、そのことを、
真正面から「なんとかしよう」とすることとは
違うタイミングのように感じられました。

そこで、「遊びますか?」と提案したところ、
満面の笑みで、「遊びたい!!」との即答で、
チャイルド登場~~~!


早速、次々、色々な「ゲーム」をして
遊びました~~♪

まずは、知る人ぞ知る(?)、あのドリーン・ヴァーチュー博士の
エンジェル・ボード。

見た目にもとっても美しくて、楽しい、ゲーム感覚で
エンジェル達に質問をしてサイコロで駒を進めながら
「答え」を見ていく「ゲーム」です。

20120704_105153_s.jpg

たとえば、

「旅行に行くとしたらどこへ?」

「ロマンスについては?」

「いつそれは訪れますか?」

「私のサイキック能力は?」

「向いている職業は?」

etc.etc.


当たり前ですが、これのみを全面的に正しいとか、
これが唯一の答え、というつもりでやるのではなく、
冒頭書いたように、子供のような気持ちで
遊びながらやるのです。
いつも深刻になっているこれらの問題も、
なんだか楽しくなってきちゃったりするんです。
しかも、「えーー!!なんでわかるの?!」
といった、「当たる当たらない」の要素も
ちゃ~んとプレゼントされますよ☆

そして、常に答えは、自分自身が自分と
繋がることでやってきていることには
変わりありません。


ひとしきりこれできゃーきゃーいって遊んだあとは、
久しぶりに出してきたのですが、
その名も「Therapy」(セラピー)というゲーム。

こんなゲーム、私、いったい、いつどんな目的で
買ったんでしょう?!…と思ったら、
もう20年近く前ですね、アメリカに
ヒーリングの勉強で通っていた頃、
本屋さんでこの手の「ゲーム」をたくさん
買って、その頃から教えていた、
スピリチュアル英会話(その頃は、ヒーリング英会話って
いってたかな)の教材にするつもりで集めていたのでした。

実際に、レッスンでよく使っていたのを久しぶりに
この日、思い出しましたが、いや~よく出来てる!
これ面白いわ、やっぱり!

昔あった、「人生ゲーム」ってボードゲーム知ってますか?
車の形をしたマイカーのような駒で行なう「すごろく」ですね。
人生における色々な出来事、結婚、出産、就職、etc.の
ステージを通っていって、ゴールインはなんだったっけ?
幸せな老後だっけ?

とにかく、いかにも「アメリカ」らしい感じがするゲームでした。

それに似せた、このセラピーゲームは、
車の代わりに、セラピーカウチと呼ばれる「ソファ」が駒で、
幼児期、青年期、成年、老年期、それを越えた宇宙意識(!)
などなどのステージを、カードをめくってクイズに答えながら
クリアーしていきます。

このクイズがまた、そんなの知るわけないよねぇ?という、
マニアックなセラピー的問題なんですよ~笑
でもいちいち、とても「ため」になるんです。

DSC03228_s.jpg

前にブログでご紹介したことがあったと思うのですが、
たとえば、「大好きなオモチャを、一緒に遊ぼう、って
使わせてくれるのは、5歳の幼稚園児、1歳の赤ちゃん、
どちらの方が確率が高いでしょう?」

答えは、「赤ちゃん」なんですね~…
赤ちゃんには、自分と他人を分ける感覚がなく、
大好きなものは、皆大好きで、皆で一緒にシェアするのが
当たり前、という感覚がある…という解説が付いています。


これらはすべて、英語のゲームなので、
スピリチュアル英会話の教材として、
皆で遊んでもいいですね~~~!!

このほか、「神との対話」からインスピレーションを得て
グループシェアリングのようなゲームとして作った、
Conversationsというボードゲームなどもあります☆


そして、最後は、言葉を使わない遊び。

「おとつみき」を使って、美しい音色を奏でて
遊びました。

DSC03229_s.jpg

どれを一緒に奏でても、なぜか調和する音の組み合わせ。

深いですね。何を選択しようとも、高い次元からは、
大きな意識の中では、すべて調和しているのです。
とても奥深い、広大な意識に繋がる感じ。

ハーモニーが響き渡り、いつしか勝手に手が動き、
意識は瞑想状態になっていきます。

演奏後は、いつのまにか、そこに静寂が。


たまには、こんな個人セッションもとてもいいですよ!

このお客様は、この遊びセッションの後に、続けて
スピリチュアル英会話の個人レッスンだったのですが、
それも引き続きハートが開いたまま
今までになく楽しくくつろいで行なうことができたように
思います。

終了時、お客様は、とても晴れ晴れとしたお顔で、
「あ~楽しかった~!」と何度も言いながら、
「何かが解放されて出ていった気がする…」
というようなことをおっしゃっていました。

やってみたい気分になった方は、いらした時に、
どうぞリクエストして下さいね♪

勿論、これら以外のクリエイティブな発想も歓迎!
いつでも一緒に遊ぼ♪


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する