~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

エクスタシーダンスwith UZUME

ピアノ鍵盤と紫花びら左上noion_s
(photo: ・・・NOION・・・


久しぶりのエクスタシーダンスワークから
もう1週間たったのですね!と言いたい反面、
え?!まだ1週間しかたってないの?!という感じも
大きい、不思議な時間の流れな今日この頃…

ほんとに確実に、「時」そのものの感覚が
変化してると感じます…

ま、実際色々なことが同時進行してて
ブログが単純に追いついてないだけのような…(^^ゞ

あらためまして、エクスタシーダンスに参加して下さった、
女神の皆様、ありがとうございました。


今回は、大体、どんな流れだったか、を
書いてみようと思います。


最初、その日集まった全員のエネルギー、存在を
判断せずにそのまま受容し、高め合い、称えあうための
時間を取ります。つまり、ただ皆で自由に踊ったり、
輪になって、サークルダンスをしたり。

先日は、インナーチャイルドのことを歌った英語の曲で
ゆっくりとお互いを、ただそのままで完璧、という
賞賛と共に見つめながら手をつないで輪になって…

そして一つの輪、「ONE」としてその場を感じた後は、
小さなそれぞれの「one」の探求に入っていきます。

目を閉じて…音楽に耳を傾け・・・最初は誘導瞑想…

今回、瞑想時にやってきた誘導イメージは、
身体という神殿への礼拝と、そこにいる女神との出会い、
そして、同じくそこにいる少女を見つけて連れてくる、
というものでした。

今回面白かったのは、私がこの瞑想内容を
終ってからも覚えていたということだー!!ヽ(^。^)ノ
細かいところは残っていませんでしたが…


それから、今回の一つのハイライトだったのは
全員で、音だけを奏でている時間。
いつも少しやってはいるのだけど、今回は結構、
それが深くて長かったなぁ。
太鼓あり、フィンガーシンバルあり、マラカスあり、
手拍子あり、足拍子あり、そして、声も。
段々と皆が、「音」の世界に入り込んでいき、
エネルギーがどんどん高まっていきました。

しばらくするとやがて一つのハーモニーになり、
そしてまたバラバラに奏でたり、をしつつゆっくりと、
再び、音楽に合わせて動き始める…

そこからは、自分の世界、自分の内と外を行ったり来たり
しながら、沸き起こってくるイメージや感情や動きに
逆らわず、ただ起きるがままにしていく。
そしてそれを観察し、探求する時間…

前半の最後は、自分だけの世界から
目を開けて、お互いの存在を確認し、
また皆と繋がって踊っていきます。

この時は、長い夢から覚めたような、
また皆の顔を見れた、などの、
目を開けて外の世界と繋がる喜びのエナジー、
お祝いのエナジーに溢れていました。


休憩時は、「女神へのお供物」と呼んでいる、
要は差し入れ(笑)のお菓子などを食べながら
なごやかに談笑。

そして、後半は、奉納舞いからスタート。

奉納舞いも、なぜ、奉納舞いとか奉納サークル、
と呼ぶかというと、お互いが完璧な女神であり、
そのお互いへ捧げている、あるいは自分自身の中に、
完璧な女神が存在している、それに対して、
自分のために自己表現している、という意味を
今回も強調させて頂きました。

なので、いわゆる、通常の、人に見てもらうための
「パフォーマンス」ではないし、
かといって、自分の内側だけに入り込んで踊る、
「瞑想」でもない…

今回、このサークルの中で奉納舞いをしてくれたお二人。
本当にありがとうございました。

このための着替えやメイク、様々な小道具(笑)の
準備もしてきてくれて、
それぞれが、なぜそれを今踊るのか、とても
伝わってきて、感動していました。

女性が、人に見せるためでなく、「奉納舞い」のために、
お化粧や衣装などの準備をする…
そしてその前までとガラっと変わる…
いつも鳥肌が立ちます。
女性ってなんて素晴らしいんだろうと思う瞬間です。

いつもとても高いエナジーになるのですが、
今回は特に、確実に、このサークルには、
日本神話の有名な、舞いの神、
アメノウヅメが舞い降りて来ていたように思います♪(謎)

皆、この前後に自由に踊り、笑い、
そして受容サークルも行ないました。
お互いにお互いを賞賛するエネルギーシャワー…
そしてそれを受け取る、という体験の探求ワークです。

このすべてにおいて、参加したくない人は
無理にやる必要はないのですが、今回は
ほとんど皆がすべてに参加していましたね。

なんだか、とってもまったりゆったりして、
これも初めてでしたが、終了後、私を含めて全員が、
床に横になったまま、天井を向いたまま
ずっとお喋り…まるでお泊り会みたいだね、という話から
次は合宿をやろう!と盛り上がりました。

大まかな流れは設定していても、
いつも当日、その場のエネルギーによって
具体的な流れが出来ていくので、
毎回違う感じになるのですが
今回も、皆さん口々に、また全然違う感じだった、と
おっしゃっていたのは、勿論、
一人一人が毎回違う、ということもあるでしょうネ♪

その後、また、現実の世界は、一人一人の人生という、
小さな「one」へ帰っていかれた皆さん、
また秋に、この大きなONEのサークルへと
帰ってきて下さいね。
(いつも思うのですが、実際にそういうことを
別の星?場所?過去生?で言い合って、
ここ=今の地球に来た仲間だという気がするのです。)

そこでまた羽を休めたり、お互いを称えたり、
一人静かに探求したり、どんな状態でも大丈夫、
どんな状態も「有り/在り」だという、
そんな確認をする場になっていったら、
そしてそこで育まれ、抱きしめられたエネルギーが
広がっていって、なんらかの影響を集合意識に及ぼしている…
そんな場所、そんな時間と機会にしたいという想いで、
これからも開催していきます。

様々な準備の都合上、季節ごとに1回、という
開催ペースになってしまっていますが、
きっとそれもまた意味あることと、受容して頂けたら
幸いです。

参加を迷っていらっしゃる方も、どうぞいつでも
飛び込んできて下さいね。

皆が、それぞれ自由な服装をしているのを見るのも
とても素敵な刺激になりますよ。


今回のエクスタシーダンスについての感想を
何人かの方に頂いています。

今日の記事は長くなってしまったので、
次回、ご紹介しますね。


ありがとうございましたm(__)m

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する