~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

7/22エクスタシーダンス感想集

エクスタシーという感覚には、「味わう」という意味が
含まれていると、私は個人的に思っています。

「味わう」とは、意識的にそうすることを許可する自分が
いないとできないことです。

そういう意味では、あらゆる「快感」、「気持ちよさ」、
ひいては、「喜び」や「幸せ」、「至福」といった感覚は
それを感じる/あるいは、感じるままに感じさせることを
許す瞬間があると思っています。

ということは、その逆の感情、感覚もしかり。。。


そんなはずはない…!と思いながらも、我々の旅は続きます!

The Journey continues....!

先日も触れましたが、7月22日に開催した、女性対象の
エクスタシーダンスの感想を頂きましたのでご紹介します。
いつも参加を迷っていらっしゃる方達が、
参加された皆さんの「感想」を参考にしていらっしゃるのと、
私自身の記録/宝物になるので、感想を頂けるのは
本当にありがたいことです。ありがとうございます。

**************************************

「昨日は素敵な時間と空間をありがとうございました。

以下、感想です(^-^)

ecstasy danceの瞑想で、
どうにもこうにもならなかった癖が
自然に溶けていくきっかけを頂きました。


私は外に求める癖を手放して引き寄せ体質になりたいと
思っていました。それには「ありのままでいることに
自信を持つこと」が大事なような気がしていました。


最近また外に外に愛を求めて渾身の力を出し、
標的に向かってまっしぐらのアダルトチャイルドの癖が
出ていました。このままだと同じパターンを繰り返し
燃え尽きてしまうぞ、まずいぞ、まずいぞ、何とかしたい!と
思っていました。


今回の瞑想は魂の神殿である肉体に入り、
女神と女の子に出会うと言うもの。

現れた女神は簡素ながら光輝く服をまとった、
自分の高貴な人バージョンで、対面した劣等感のある自分が
その高貴さに畏れおののいて
瞑想中に実際に体が震え出しました。

言葉は何も交わしませんでしたが、エネルギーで
いわんとしていることは分かりました。

はじめは階段のような上下ある位置で対面していましたが、
下にいた私の側の地面が上がり、対等の位置まで来たところで
別れを告げました。


次に女の子を見つけました。
無表情で何をする訳でもなく、ただそこにいてこちらを
見つめているだけでしたが、彼女が居ないのと居るのとでは
全くその場の雰囲気が違いました。

人はただ「存在する」だけで「表現しちゃっている」ことに
気が付いてしまいました。
特別なにかしなくてもエネルギー的には十分すぎるほどに
その本質が周囲へ拡散してしまっていることも分かりました。
「あ~この感じが引き寄せの種になるんだね」と思いました。

この瞑想の時に繋がった高貴な自分(自信を持つ持たないの
次元を超えていました)のエネルギーを大事に育てて
同化させていこうと思いました。
そしてありのままでいることが一番美しく自分の本質を
表現することを覚えておこうと思いました。


今までの癖を日常生活で克服しようと思ったら
一体何年かかることか(笑)。
早速翌日から気分が変わっていることに気が付いています。

アムリタ~ナさんが提供して下さるワークはいつも
ミラクルが起こるので予測不可能な嬉しいワクワク感もあり、
大満足です。


次回も楽しみにしてます~。」

(Tさま)




「私には久しぶりのエクスタシーダンス。
最初のインチャイCDの歌詞説明を聞きながら環になり、
皆様のお顔を見ていたら涙がでて、
瞑想後はまるでお腹の中にいるようで
(太鼓の音が心音に聞こえました)

苦手な環の中に入るもでき受容する言葉のシャワー、
皆様とくっつくと心地良くまるで温泉に入ったようで
ホッコリしました。

生まれて初めてクルクル回って踊り嬉しく、
奉納舞いも楽しみお供物もいただいて
女神のお祭りでしたね。

最初のお楽しみチャレンジカードで
「悲しみをだしても良いです」

私には?でしたが、夜中にはっきり悲しみの感情がでて
びっくりしました。
ジャッジとプッシュの無い空間を満喫して
心の底からでてきたのでしょう。

本当に楽しい時間を有難うございました。」

(Nさま)



「一昨日のエクスタシーダンスワーク
ありがとうございました!

久しぶりにホントに心から安心できり
ホッとする仲間と一緒の時間を過ごせた事が幸せでした。
久しぶりに再会があり、感極まってしまいました。

お帰りなさい、そしてありがとうでした。
のっけから踊りましたが、途中は、私の中の神殿にはいり、
白い蛇の女神に会い、貝をもらい、
このまま突き進みなさいと、励まされ、
神殿の近くにいた子供は、童女ながら巫女で、
神殿を守ってると行ってましたが、その子を連れて、
今、京都に向かっています。

奉納舞は、チャレンジでもありましたが、
みんなから温かい勇気をもらい、
できました。途中事故発生しましたが、
それをわからないようにやりきると言うのもチャレンジで、
これから色々なシチュエーションで臨機応変に
やって行くんだ!と確信しました。

受取るワークは、沢山みんなから愛を
うけとりました。その言葉をハートにしまって、
また色々な出会いや仲間に
還元していきたいと思います。

その後のマッタリは、ずっとこのままでいたかった。
みんなの愛がひとつになると、あったかいですね。
愛を実感した瞬間でした。
世界の何処かできっと癒された人もいるかもしれない。
そんな感じがしました。

アムリタン、いつもあったかい愛で
包んで下さってありがとうございます!
今回も沢山の愛と勇気を頂きました。

次回は、秋。泊まりがけのイベント
私かんがえます!
それを含めた今、京都なのかな~。
エネルギーチャージしてきます。

奉納舞は、ホントの私を表現、奉納しました。
ありがとうございました。」

(Mさま)


*************************************

あらためて皆様、ありがとうございました。

次回エクスタシーダンスは、秋を予定しています。
場合によっては、合宿の形でハプンするかも!?

今、繋がる、集まる、というのは時代のキーワードと
なっていると言えます。
自分にとって、魂のコミュニティと感じる場所や
機会を大切に生きていきましょう。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する