~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

私ね~w(ひとりごと)

突然ですが、ふと自分語り。

私、よく「ゴージャス」って形容詞で
紹介されたり見られたりするんだけど、
私の好きな食べ物は、香酢を入れた納豆だったり、
アボカドを二つに割って種を取った後の穴に
お醤油とわさびを入れて食べるんだったり、
ゆで卵だったり、チーズ(雪印w)入りスクランブルエッグ
だったりするので、片仮名の名前のお料理とか
高級レストランとか、超~~~苦手だし魅力がよくわからん。

あ、そういうカテゴリー自体が苦手なのではなく
そこを創った人が何にエネルギーが注いでるのか、で、
「高級」であることにエネルギーが注がれてたり、
「一流」とか「有名」とか謳ってたりすると
居心地が悪いのです。

「綺麗なお部屋」も、清潔さも、
「綺麗にしなくちゃ」で綺麗にされたスペースは苦手。

お花も、バラも好きだけど、一番好きなのは、
隅っこに咲いている小さなスミレだったり、
近づかないとよく見えない雑草のお花だったり。

大好きなお洋服、バッグ、靴も、
いわゆるブランドものは苦手だしよくわからん。

好きなのは、知られていないブランドや個人の作品、
バーゲンならなお良しの人だし、でも人ごみが苦手だから
セールにはわざわざ行かないので、「たまたま」出会うことに
生きがいを感じてるし。←要は衝動買いイノチw

たぶん、私を実際知って頂けると、気取るのは苦手、
説教するのもされるのも嫌い、
そしていわゆる着飾る【ゴージャス】は、
どちらかといえば苦手なのだとすぐわかるかと♪
それが気に入ったものなら、「派手」かどうかとか
関係なく身に着けるけどw 

毎朝、何を着るか、というのには、真剣に感覚を
研ぎ澄ませて、自分の気分に忠実にあるべく
エネルギーを注ぎます。

「個性的」ファッションとか、他にはない「ユニーク」さ、
「変わったメニュー」(勿論食べ物)とかは大好物w

大勢で騒ぐ楽しいお祭りは大好きだけど、
人が多く集まれば集まるほど「成功」って感覚はないし
あこがれもない。

武道館でコンサートやりたい、とかない。←何w

ブログの「ランキング」とか興味ない。

有名になりたい、とかもない。
「成功」って言葉を使われると、
すごく敏感に、どういう意味/意図で使ってるのかと
思ってしまう。

これは、テレビ局時代からそうなんです。
だから、合ってなかったのかも。

大切にしたいのは、その時その時の
自分の感性。

人の感性、感覚は、大切に大切に扱いたい。

1人1人が大きく大胆に自己解放、
自己表現できる場は大切に感じる。


「著名人」に興味はないけど、
1人1人の人の感性に、そして
集合意識が創るものに興味がある。

はっきり言って「アセンション」とか「光のー」とか
そんなに興味ないw いや好奇心はあるけど、
巷で言われるような、それが「良い」とか
「めざす」という感覚はない。

だから、「スピリチュアルー」とか書いてあるけど
実際、スピっぽくない、って言われるww


人間であること、人間的であること、
人間が創るもの、壊すもの、
生々しさ、生き生きとしたものに興味がある。


その時その時の「流行」と、どんな集合意識とが
リンクしているのかにも興味がある。

それが、人の感覚、感性の変化と関わっているから。

「今でしょ」「なう」の言葉の流行。

「タッチ」(触れる)という言葉やしぐさ、
日々の習慣(スマホとか)が浸透していく過程が
向かっていく方向。

いわゆる「パワースポット」に人が集まる意味。

なぜ今年は空にたくさん虹が出現したように感じるのか、
なぜレインボーカラーに自分が惹かれ、
なぜ巷でも流行っているように感じるのか。

Facebookの存在。そこに注がれる膨大な集合エネルギー。

綺麗ごとは好きじゃない。
否定的な現実を見ないふりするのは好きじゃない。
でもそこにはまって、恐れや心配や不安ベースの見方を
選択してそのエネルギーに無意識に同調し続けるのは、
もっと好きじゃない。

現実のどこを、何を、見るか、感じ取る選択をするのか、
自分のベース感覚はどこにあるか、に興味がある。


私のあくなき興味は、思考とか志向とかじゃなくて
今ここにある【意識】。
今ここからどこかに向かう瞬間にある【意志】。


そして【今のところ】、
そんな自分を「イイネ」って思う毎日♪


0

今を 今 感じる

何かを「良い」と「判断」すれば、

今までこんなことはなかった、とか、

これがずっと続くといいのに、とか、

これをずっと続けようとか。



何かを「悪い」と 「判断」すれば、

今までもずっとそうだったとか、

もうこれはやめたい、とか。

手放したいとか、なかったことにしたいとか。



すぐにこのどちらかの「思考」が

占拠してしまう。 


貴重な、自分自身の今、という時間を。



今を未来に繋げようとしたり、

今を過去と関連付けようとしたり。


「良い」と「悪い」

「正しい」と「間違い」

の、「判断」に操られて。



「今」を完全に感じ切ることから

気をそらせている。


何かに 全身全霊で、無我夢中になり、

「我を忘れる」こと、

一瞬にすべてを打ち込むことを 恐れる気持ち。



何かに心底没頭している時には

そんな、「脳内おしゃべり」は

浮かんでこないし、そんな暇はないよ。

だって、一瞬の連続なんだから。



「思考」もすばらしい人間のツール。

「時間」もすばらしい人間の道具。



でもさ。

【今】にもうちょっと

チャンスをあげようよ。


【今】を感じるのは、【今】しか ないんだよ。


0

愛の状態

DSC_0006_s.jpg


 心 強く

 同時に

 心 柔らかく



0

魂の言語

「自分らしく在る」、「自分を生きる」権利こそ、
自分が自分から奪ってはいけないもの。

何が外で起きていても。
誰が何を言おうとも。

「自分らしく在る」、「自分を生きる」とは、
【行動】のことではない。

その一歩前の、【感性】のこと。

自分の感性、自分の感じ方を、
そのままに。

それは、人に「与えて/教えてもらう」ものではない。

魂を生きるとは、今ここで、自分の感性で感じることを許すこと。

そうすれば、行動は、自ずと 「起きる」。


そしてそれは、【行動】を必要とすらしない。

ただ、在ること。

ただ、「生きて」、生きていること。

A LIFE is simply being ALIVE.


0

いま、どこですか?

315643_194024407341834_159928490751426_424853_1961806954_n_ml.jpg
The Merope Reflection Nebula
(Credit & Copyright: Jean-Charles Cuillandre (CFHT) & Giovanni Anselmi (Coelum Astronomia), Hawaiian Starlight)
<Merope反射星雲>
説明:反射星雲は、近くの星の光を反射します。星雲の中のたくさんの小さな炭素粒子が、光を反射するのです。反射星雲の典型的な色が青色なのは、赤い光よりも青い光の方が効率的に拡散されるからです。星雲の明るさは、反射粒子のサイズや密度、そして近くの星の色や明るさによって決まります。上記で描かれているNGC1435は、Merope(23 Tau)という、プレアデス星団(M45)の中のもっとも明るい星のひとつです。プレアデス星団の星雲は、散開星団と分子雲の、偶然の遭遇によって創られています。



2人でよく 宇宙の話をしましたね。

何万光年、何億光年といった、

とてつもない距離?感覚?を 口にしながら、

何もわからないけれど、何もかも知っているような気がするね、

と言っては、2人で顔を見合わせ、

互いの目の奥に

その「知っている」感覚、

言い知れぬ叡智を 確認しては、

今度は、「ナマステ」(「私の中の神が、あなたの中の神を見ています」)の

深遠なる意味について 語り合ったりしましたね。



時には、何分も沈黙が続くことがあり、

その沈黙が、またとても不思議な心地よさで

あの空間を 満たしていました。



人生の、何十年か、先輩であった貴女は、

私の「生徒」として、私の人生に登場して下さり、

そして、様々なことを「教え合い」、「語り合い」ました。



中でも、スピリチュアルなことに関しては、

尽きることのないお話をしましたね。



私が、読んだ本の話をすれば、

貴女は、ご自身の経験や知識で、素晴らしい補足を

して下さる。



「肉体は 神殿」という話を すれば、

「自分が口に入れる食べ物は、神様へのお供え物」と、

加えて下さる。



「結局アセンションってなんだろう」などと話しながら、

急に、にこっと笑って、

「私が先に逝きますから、アセンションして、

先生(=私)のところに、天井から現れて

びっくりさせてあげますわね。約束します。」と、

茶目っ気たっぷりにおっしゃり、2人で指切りしましたね。。



ある日、いつものように、「スピリチュアル英会話」の個人レッスンで、

貴女のお宅にお邪魔すると、

壁には、大きな、星雲の画が貼ってありました。


「先生(=私)。これ、プレアデス星団ですって。

私達の故郷よ!ああ、なんともいえない懐かしさだわねぇ」と

目をうるませながら、貴女は、じっとその画に

見入ってらっしゃいました。



あれから、もう何年たったのでしょう。

その後、貴女が 旅立たれてからも、

私は、時折、貴女の色々な言葉を思い出します。


でも一番、よく想うのは、

「今、どこにいらっしゃるのですか。」


あんなにお話して、約束したじゃないですか。

「アチラ」に帰ったら、どうなるのか、どんな感じなのか、

教えに来てあげるからね、っておっしゃってたじゃないですか。


天井から現れて、びっくりさせてあげるって。


故郷のプレアデス星団のことを、

伝えにきてあげるって、おっしゃってたじゃないですか。


宇宙のこと、今の地球のこと、日本のこと、

人間という種族のこと、人生のこと、

お聞きしたいこと、語り合いたいことが たくさんあるんです。



勿論、きっと、そばに いらしているのかもしれないですね。

今の私に わからないだけで。


この星雲の画像を 見た時に、

何の画像なのか、タイトルも説明も見る前に、

「プレアデス」という言葉が浮かんだのは、

そして、瞬時に、貴女のことを 思い出したのは、

きっと、貴女が、伝えて下さったからなのですね。


私の、「今どこですか?」

に 応えて下さったのかもしれないですね。


私達は、果てしない、広大な宇宙の中の、

ちっぽけな塵よりも、更に、見えないほど

小さな小さな存在でありながら、

実は、その宇宙と 同じ大きさの意識を 

携えている存在だ、と、

その両方を 同時に感じながら、

不思議な真理と、宇宙に想いを 馳せる時

いつも 私は 貴女との 約束を 思い出しています。



そういえば...ああ。

もうすぐ 貴女の 命日でしたね.....


ああ。そうか。

やっぱり、今日、

この画像と出会ったのは、偶然ではなかったんだ… 




0

ひれ伏す想い

私は、一人の人が、
「生きる」ということについて、
生の中の己とは、自分らしさとは、ということについて
本気で、真剣に向き合っている、
その珠玉で至高のプロセスに
関わる許可を頂いている。

本当に、なんという在り難いことなんだろう。

こんなに偉大な姿に
関わらせて頂くなんて、
変貌を遂げていくそのさまを
目撃させて頂けるなんて、
なんという光栄なことなんだろう。

長かった冬休み明けの、今年の個人セッション、
連日、すべてのセッションにおいて、
いつもにまして、その感覚が強まっている。

みんな、すごいです。
ネガティブなニュアンスとしてではなく、あえて
言わせてもらえるなら、
ほんとに、私など足元にも及ばないくらい、
皆、すごいです。

ありがとう。ありがとうございます。


1

身体に新しい穴


【新年の抱負】
身体に これ以上「穴」はいらない、と
今まで○○年間、かたくなに拒んできた、ピアスを 
今年は ついに 開けるーっ



0

おかえりおかえり♪

昨日は、年内最後のダンスリハーサルでした。

帰ってから、動きチェックのために撮ったビデオを観ていたら・・・・・・











やった~~~~~~



長~い長~い間、旅に出ていた、くびれちゃん(笑)が・・・・


戻ってきてる・・・


あ。


でも…



もうすぐお正月・・・(-_-;)

またすぐに くびれちゃん、旅に出ちゃうんだろうなぁ・・・・



踊りの発表会が、年明けすぐって~~どうなのぉ??


意識して過ごすからいつもよりましなの?

いやいやいや、練習も6日までお休みだしなぁ~~


くびれちゃんに、1月11日まで いてもらいたいです…(切望)




0

私でい続ける強さ

私でい続ける強さ、を手にした時は、
それを「強さ」とも、「手にした」とも
感じないのだと思う。

それくらい、自然で、エネルギーの通りがよくて、
楽なのだと思う。

だからといって、そこにネガティブなことがない、
ということではなく、
それも含めての私で居続ける「強さ」は、
弱くいられる強さでもあるのだと思う。


0

Breathtaking...!

308281_208282552582686_159928490751426_463956_446446449_n_ml.jpg
(Photo: Our Beautiful World & Universeより)

私達の肉眼では見ることのできない、

驚愕の美、究極のWONDERは、

無数に 無限に 存在している。


「見える」、「わかる」範囲だけでの、

「わかったつもり」、「知っているつもり」は、

無限を なんとか有限にしようとする、

マインドの おなじみのトリック。


もったいない。もったいない。

私は 驚き続けたい。

どんな小さなことにも、感動=【感→動】 し続けたい。

正解を必要としない、喜びの「なぜ?!」を 叫び続けたい。


「?!」 の 瞬間を キャッチして 

そのたびに そのことそのものを

生の証として 祝いたい。



このカテゴリーに該当する記事はありません。