~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

2018年をどんな年にし【たい】?

以下は、アムリタ映蓮発行の無料メルマガ、【フェミニン・プレゼンスというアート】の配信記事からです。

無料メルマガご登録は→こちらからお願いします。



AFPジャパン・講師養成トレーナー・アムリタ映蓮です。

 

先日から、FBのAFPジャパンのページにて、「自分の女性性と繋がるミニワーク」と題した

シリーズを無料でライブ配信しています。

ちょうど、1月の清里でのトレーニングの早割締め切りの23日まで

毎日、もしくは1日おきに配信していきますので、

ぜひ、ページにいいね!、もしくはライブ配信のお知らせのリマインドが

受け取れるよう設定して頂けたら嬉しいです。

 

1月のトレーニングに参加できるできないに関わらず、

私自身も含めた、また、AFPティーチャーを始めとする、AFPマニアたちも含めて

とてもいい、日常で実践するワークのリマインドとなっていると思いますので

ぜひ一緒に実践していきましょう!

 

Facebookの公式AFPジャパンのページは →こちら


これまでのライブ配信動画の一覧は、この記事の一番最後に!


(先日、あるところで出会ったキティちゃんの…

これ、なんだと思います?!答えは最後に!って引っ張るほどのことではありませんがちょっとやってみたいという「たい」が来たのでw)

 

さて、AFPでは、

 

身体と繋がり

身体で感じて

身体を通して表現する、

すなわち、体現する、

 

ということを、ひっじょーーーに ひっじょうーーーに

非常に大切にしています。

 

 

何をしたいのかわからない、という状態にも働きかけて、

その「たい=WANT」が身体の中から湧き上がってくるように、

また、湧き上がったものを、身体の中で丁寧に感じる、

ということも大切にします。

 

ここからの内容は、今後のライブ配信でもお伝えしようと思っているのですが、

例えば、今の時期、これからお正月にかけて、

来年、2018年をどんな年にしたいか、ということを

公にであれ、プライベートであれ、

色々考えたり宣言したり、書き留めたりする機会が

多いと思うのです。

 

その時、大抵、「頭」、もしくは

頭の「外」とか「上」とかからやってくるものを

書いたりしていませんか?

 

いわゆる「インスピレーション」として感じるものは

「降りてくる」という表現で、よく私も使いますし

やっていますが、そういう感覚かと思います。

 

これを、この次元で、この世界で、そして今生、

この人生で、すなわち、この「自分」という人間の

肉体を持って、この物理世界で

現実化していく時のリアルな感覚を

身体に落とし込んで感じていくことが

大事なのです。

 

「大事なのです」って、どういう意味で大事なのか、が

大事なのですw

 

よくいう引き寄せ、現実化、具現化、なんでもいいのですが、

AFPでは、クリエーション(創造)という言葉を

よく使いますが、すなわち、「創る」という「作業」、」「行動」であり

これは、「肉体を持って」「行なう」、そして「行なう」前に

「肉体で感じる」ということが、

この次元に生きる「生きる喜び」になるから、です。

 

よく聞く、「もうかなったつもり」になるのも

気持ちが良いことでしょう。

「ありありとそれをしているところを思い描く」のも

楽しいことでしょう。

 

それらも全てパワフルなことでしょう。

 

でも、AFPで大切にしているのは、

いわゆる、「ワクワク」のパワーであり、

「情熱」や「パッション」のパワーであり、

生命エネルギーのパワーです。

 

これは、どういう時に感じられるかというと、

今まさに現実になろうとしている瞬間、が

最もパワフルに感じられるのです。

 

その時に、情熱も、ワクワクも、

そして肉体で感じるDesire(強い願い、望み、WANT)も

MAXになるからです。

 

具体的には、実際のAFPのティーチャートレーニングや

私、アムリタのオリジナルワーク、「〜たい」を感じるワークショップで

行ないますが、

身体で、ぐわーーーーっとジューシーさや、

込み上げて来て、身体中に広がる悦びを感じることのできるような

WANTこそが、真のWANTであるかどうかのバロメーターになります。

 

なので、まずは、身体で気持ちよく悦びを感じる練習が日々、「必要」になります。

「必要」っていうと硬いし、「べき」に聞こえちゃうけど、

それ自体、気持ち良さを感じる練習だから、気持ち良いのよねっ♪

 

その、ジワー〜とか、ぐわーーーを感じるスペースを持つことの方が、

具体的にそれを実現するステップとか戦略などを考えることなどよりも

ずっとずっとずっとズーーーーーっと大事だと、

AFPの創始者であるレイチェルは、強調しています。

 

すでに全てが可能な次元や領域と繋がって、

自分の思い描いていることが「可能」なのだと完全に知っている状態になったら、

それを心から、いえ、身体からも、欲していることを

思い切り、気持ちよく込み上がらせる!

そして広げる!

 

そのために、それが、現実になる1歩手前、まさに直前のところを

ありありと思い描く!

 

そのパワフルさと言ったら!!

 

 

なのに、、、

 

私達は、それをしようとすると、途端に、


「無理じゃないか」とか

「失敗したら」とか

「過去にもできなかったし」とか

「頭」のおしゃべりやストッパーやら、リミッターやらが

働きはじめ、

前々回のメルマガにも書いた、

本当のリスクや恐れと直面したくないがために、

「感じても安全な問題」を作り出して、

フォーカスを「不可能」という方に向けてしまう。

 

それか、可能にするためには戦略が大事、などと言って、

自分の情熱のパワーそのものを感じる前に、

すぐに人の意見を聞いたり、情報収集したり、

逆に、いつまでも、その思い描いたことに執着して

エネルギーを落としてしまう…

 

 

戦略や手段や方法や道具、それらのことは、

その自分に備わった、原動力である、WANTのパワーを

十分感じてから、後からついて来させるものだ、と

レイチェルは強調していました。

 

 

さて、


2018年、どんな年にし「たい」ですか?


 

「たい」が見つかったら、ぜひ、それを

身体の中で、じわー、ぐわーっと

できれば子宮スペースとヨニ(女性器、膣)で、

それをうんと、気持ち良さと共に感じて広げてみてくださいね。

 

もし、1月の清里のトレーニングにいらしたら、

新年に向けての「〜たい」のワークの中で、一緒にやってみましょうね!


 

【早割延長!12月23日まで!】あと3日!

アムリタにより日本語でのAFPティーチャー養成トレーニングと

週末集中ワークショップ、詳細とお申し込みはこちらから。


よくある質問は、上のページの下の方にあります。

個別にご質問がある方、どうぞ遠慮なく

support@afpjapan.com までお寄せください。



追伸) あ、そうそう!さっきの写真は、

キティちゃんの携帯用、綿棒ケースでした〜〜〜!

とても可愛くて感動してしまったのでした♡

 

IMG_7886_convert_20171221000603.jpg 


✨アムリタ映蓮の公式アカウント、「アムリタ映蓮」のページより、

毎週金曜日の10時半前後から

【アムちゃんねる!】のライブ配信をしています。

次回のゲストは、AFP認定ティーチャー、藤本有美さんの予定です。

 

***************************************

Facebookの公式AFPジャパンのページは →こちら


現在配信中のライブ配信シリーズ

「自分の女性性と繋がるミニワーク」

第一回:12月15日配信

「今この瞬間、ここで感じていることに気づき、それを踏まえて今、自分は何を欲しているのか湧き上がらせる練習!」
https://www.facebook.com/feminine.presence/videos/2134431950119159/

第二回:12月16日配信
「一瞬でもいいから「〜たい」を【感じるための】時間を取る!」
https://www.facebook.com/feminine.presence/videos/2134973946731626/

第三回:12月18日配信
「〜「浮かんだ」WANT(〜「たい」)を、パワーセンター(子宮スペース)で感じてみよう♪(「感」滋養♪)」

https://www.facebook.com/feminine.presence/videos/2136040086625012/


第四回:12月22日配信

「パワーセンター(子宮スペース)から(「〜たい」を)表現する」

https://www.facebook.com/feminine.presence/videos/2138311899731164/


***************************************

アムリタ映蓮発行の無料メルマガ、【フェミニン・プレゼンスというアート】

ご登録は→こちらからお願いします。


You Tubeチャンネル登録もぜひお願いします♪ →Amrita Eiren


関連記事
0

12/23まで早割延長のお知らせ!

以下は、アムリタ映蓮発行の無料メルマガ、【フェミニン・プレゼンスというアート】の配信記事です。

無料メルマガご登録は→こちらからお願いします。



AFPジャパン・講師養成トレーナー、アムリタ映蓮です。

 

【早割延長!12月23日まで!】

アムリタにより日本語でのAFPティーチャー養成トレーニングと

週末集中ワークショップ、詳細とお申し込みはこちらから。

 

これが、少なくとも何人かの方には「朗報」だといいな、と

思いながらメールしています。

 

少なくとも、私はこれを

「クリスマス・プレゼントみたい♪」と思って

お知らせしています。

 

何らかの事情により、

今日だったはずの「早割締め切り」までに

参加を決めれなかった方、

金銭的、時間的な事情がクリアーにならなかった方、

このお知らせが、GO!!  って意味だ!って

受け取ってもらえていたらな、と

願いながら書いています。

 

もともとは今日まででした、1月12日からの

山梨県・清里でのAFP週末集中ワークショップと

ティーチャートレーニングの早割締め切りが

12月23日まで延長になりました!

 

色々な思いを込めて、

私、アムリタから、今回のトレーニング(週末WSもですが)は

ぜひ、迷っているくらいなら受けて欲しいと

心から願っています。

 

宇宙にはタイミングというものがあります。

 

無理な時は絶対に無理なんです。

 

でも、今がその時!というのは、どんなことにも存在します。


私自身の人生を振り返っても、

恐れや抵抗が大きかったものほど

後になって、それが大きな転機、大きなギフトのサインだったことが

たくさんあります。

 

これまで、妊娠9ヶ月で参加された方もいます。

小さなお子さん達を預けて参加された方もいます。

お仕事を丸々休んでいらした方も大勢います。

貯金を取り崩して参加された方もいらっしゃいます。

他の予定を調整して参加された方もいらっしゃいます。

 

そうすることを勧めているのでは、決してありません。

そうではなく、多くの人が「常識」と思っている、

それら、「無理な理由」としてあげるものを

クリアーにして飛び越えていらっしゃる方達がいるという事実を

知って欲しいのです。

 

なおかつ、そのうちの多くの方が、現在、口々に、

「AFPをやっていてよかった」、「ティーチャーになってよかった」、

「人生が変わった」、とおっしゃって、

トレーニングを受ける前が嘘のように生き生きしています。


また周囲の方に、「最近、とても魅力的で幸せそうだけど

何をしているの?」などと聞かれています。

 

そして、ご自分の周りの女性達にAFPを教えて、女性が生き生きした人生を

生き始めるのを手伝ってらっしゃいます。

 

もちろん、そうでない方達もいらっしゃいますよ。

結果的に、私には合わなかったわ、とおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

でも、これが私のように、ピン!と来た方、

「なるほどーそう来ましたかー!これを待ってた!」となる方たちの

人生は一変するので、迷われているくらいなら試して欲しいなと思っています。

 

 

どうか、これが、「チャンス」と感じる方、

 
たとえ全てがうまくいっていても、
女性としてはこのまま終われないと感じている方、
 
いま「成功」はしていても、
もっと楽に生きられないのかと感じてる方、
 
人生がうまくいっていると言えなくても、
自分のことを心から愛したいと思っている方、
 
女性としてというよりも、
女性としての自分自身の潜在的な魅力や可能性を
フルに生きたいと思っている方、
 
女性性を生かしたリーダーシップの在り方が
あるはずだと知っている方、
  
   
少なくとも私は、それらすべてに関して、
AFPに決定的な「鍵」を見つけました。


そして【体感】として身につけ、
実践し続けることで、
より確信が深まる日々を送っています。
  
 
今だからこそ、の最先端女性性ワーク。

フェミニンだけじゃない、
【パワフル&フェミニン】

追求する、
アート・オブ・フェミニン・プレゼンス。
 
  
その全44のプラクティスのうち、22個をカバーし
その上、希望すれば講師となって他の女性達に
それを教えていけるチャンスです。


 
2018年。自分史上、もっとも自分らしく生きる、

新しい年にしませんか。

 

1月12日〜17日・山梨県・清里にて 
AFP・ティーチャー養成トレーニング
同時開催、週末集中ワークショップ。
 
 
アメリカ発のプログラムですが、
今回は、アムリタが世界唯一の認定トレーナーとして
日本語で受講できる機会を提供します。

 

お申し込みはこちらからです。

【早割延長!12月23日まで!】

アムリタにより日本語でのAFPティーチャー養成トレーニングと

週末集中ワークショップ、詳細とお申し込みはこちらから。

 

よくある質問は、上のページの下の方にあります。

個別にご質問がある方、どうぞ遠慮なく

support@afpjapan.com まで

お寄せください。

 

アムリタより


19453136_726149714230905_3023985423496560256_o_convert_20171212225110.jpg 

6月の清里・レベル2ティーチャー養成トレーニングにて、AFP創始者レイチェルと事務局マハンタと。


***************************************

アムリタ映蓮発行の無料メルマガ、【フェミニン・プレゼンスというアート】

ご登録は→こちらからお願いします。

関連記事
0

「安全な問題」を持ち続ける私達

以下の記事は、先日配信したアムリタ映蓮発行の無料メルマガ、「フェミニン・プレゼンスというアート」より

(メルマガ登録はこちらから)




AFPジャパン講師養成トレーナーのアムリタ映蓮です。

 

先日2回に渡って行なわせて頂いた、

オンラインでのAFP説明会/お話会。

 

2回目の時は、2人の認定ティーチャーが自主的に参加して下さって、

たくさんご自分の経験談を分かち合って下さいました。

 

少人数でしたので、参加されてた皆さんの多くが

"天の岩戸"からお出ましになりw、

お顔をお互いに見ながら、打ち解けてお話しできました。

 

もちろん、リアルでお目にかかってお話しするのが一番ですが、

今は対面とほぼ近い形で、

あのような場が持てるって素晴らしいですね。

 

全国各地からのご参加が可能になって本当に良かったです。

ありがとうございました。

 

来年は、このようなオンラインで

双方向でお話しする機会を始め、

Facebookライブ配信も継続していきますし、

オンラインでのAFPワークショップや個人セッション

(今でもやっていますが)も、

以前から構想のあった3回コース、5回コースなど

もっと充実させていく予定です。

 

AFPのプラクティスは、

最もパワフルなものの中には

対面でないとできないものがありますが、

違う意味で、パワフルだからこそ

オンラインでも分かち合えるものがあります。

 

今まで、物理的に遠くて参加できなかった皆さんや、

実際のワークショップには遠方からいらしても、

そのあと近くで機会がないため継続が難しかった皆さんも、

どうぞこれからどんどん増えていく、

オンラインでの機会を楽しみにしていて下さいね。

 

そしてその上で、もちろん、実際のトレーニングなどに

足を運んで頂くことができたら最強だと思います!


 

【早割締め切り12月12日!】12月23日まで延長決定!

日本語で受けられるAFP認定講師養成トレーニング(ティーチャートレーニング)と

週末集中ワークショップのお申し込みはこちらから。

(よくある質問集もページの下の方にありますので迷っている方は

見て下さい。ご質問も遠慮なくどうぞ♪)

 

さて、タイトルにある、「安全な問題」を持ち続ける私達、についてです。

 

これは、

「長いことやりたい/なりたい、と思っているけれど現実にならないのはなぜだろう」

という意識や状態でいる人達に対して、AFP創始者のレイチェルがよく指摘することです。

 

「みんな、次々と実現していっているのに私だけがなぜ…」

「自分なりにトライはしているのに、もうずっとこんな感じが続いている。」

「どうしたらそうなれるんだろう、そうできるんだろう」

 

世の中、この手のことに対する「答え」のようなもので溢れかえっていますので、

ある1つの見方として、そして、一歩踏み出せる可能性の扉として

お聞きいただければと思いますが・・・

 

上のようなことを言っている人達、もしくは状態にいる時、

相談すると大抵、「本当にそれをしたいのですか?なりたいのですか?」と

言われると思うのですが、それに対して多くの人が、

「したいんです。本当に望んでいるのです。

でもお金が…」

「時間が…」

「家族が…」

 

などと、

「望んでいるのに、できない」ということを

強調し始めます。

 

 

それらのできない理由は、

本人にとって、「その問題があるからできない」ということになっていて

それが理由だという状態が、もう何年も続いていたりします。

 

 

状態が何年も続いているのが悪い、とかではなく、

望んでいるのにできない、という気持ちを

長いことそのままにしている、ということです。

 

 

それが、もしかしたら、

「その望みが実現する」となると、

直面しなくてはならない

別の本当に恐れていることがあるから、

本当は他に、見たくないことがあるから、

 

その問題があるからできない、と自分を納得させられるような

「安全な問題」として自分が選択して持ち続けているのかもしれない、という

視点を持ってみたら、何が出てきますか?

 

ということなのです。

 

 

例えば1つの例として、

 

「AFPがとっても好きだ、興味がある。

多くの女性に幸せになってもらう手伝いがしたいから

ティーチャーになりたい」

 

という気持ちを

もう何年か持っていたとして、

その気持ちが出てくるたびに、

 

「お金がないから」「時間がないから」

「家族が」「仕事が」「年齢が」「私の性格/容姿は向いてない」などなど

自分に馴染みのある理由を持って、

自分には無理だ、と言い聞かせることを繰り返していたとします。

 

実際に、この例はAFPティーチャーでなくても全然いいので

ご自分の身近な例で想像して欲しいのですが。

 

自分に関係のないことであれば、

さっさと手放して、次なる他のことに進むこともできると思うのに、

もうずっと長いことこれを繰り返している、

この「安全な問題」を持ち続けていると、

どんな恐れと向き合わなくて済むんだろう…

 

もしかしたら、それは、

「人前に立つ」ことかもしれない。

そのことで、人から評価されたり嫌われたりすることを恐れているのかもしれない。

「自分に自信がないとバレる」と感じていることかもしれない。

「他の人達より劣っている」、と判断されることかもしれない。

 

もし、そういう「本当の恐れ」が見えたとしても、

それを「解決しようとして」セラピーにまた延々と通い続けるのも、

「安全な問題」に作り上げる手段かもしれないのです。

一歩踏み出すことを避けるための。

 

AFPのプラクティス、特にティーチャートレーニングでは、

そのような恐れと向き合うことも出てきますが、

同時に、そこから優しく一歩踏み出す可能性を探究していきます。

 

それは本当に、目から鱗のやり方で行なったりします。

 

そんなに簡単に…?と、いつの間にか、進んでいってたりします。

 

でももちろん、AFPをやりながらも、上記の状態で

ずっと、い続けることだって可能なので(!)、

全ては、本人の選択です。

 

少なくとも、私は、特に、ここ最近は、

なんであれ、間違った選択などないけれど、

どんな状態であれ、どんな現実であれ、

目の前の現実(と感じられること)は、

自分で選択したのだとすれば、

次の瞬間からまた【感じ方を】選べる、という

意識や状態になれる、ということが鍵だと思っています。

 

 

いつでも、「今この瞬間」から始まるんです。

 

それを、焦らず、くつろいだ状態で、

「ない」「ダメ」などの、ダメ出しや否定からの出発でなく

満ち足りた、喜びに満ちた状態で、

「〜〜たい」を感じることを許せる、選択できる、

その経験を繰り返しすることができる1つの

非常によくできたシンプルな「セット」、「パッケージ」が

AFPのプラクティスと瞑想だと思っています。

 

本当に色々なところで書いて来ていますが、

今日現在でも、

これほどまでに、自分以外の、1人でも多くの女性に

これを取り入れて欲しいと感じたものはありません。

 

 

さて、もしも、ですが、

貴女がAFPのトレーニングに参加したくてもできない理由が

「安全な問題」状態である、と認識したならば、

本当の恐れを知っても、それを「怖いと泣いている小さな子供」を

優しく抱っこするように、小脇に抱えて

どうぞバンジージャンプしてきてください。

 

逆に言うと、そこまで持ち続けた「強い望み」であったことを

認めて、大手をふって、自分のために望みを叶えてあげると決めてください。

 

そうしたら、次の瞬間、今までも多くの女性達に起きている「ミラクル」が

やってくるということも起きる、「かも」しれません…

(実際、そういうことが起きたと言う方達が次々、お申し込みになっています。)

 

 

 

そして、今度はご自分が、悩める他の女性達を勇気付けてあげられるような、

幸せの鍵となるようなエクササイズをティーチャーとして

シェアして頂くこともできるのです。

 

 

 

【早割締め切り12月12日!】12月23日まで延長決定!

日本語で受けられるAFP認定講師養成トレーニング(ティーチャートレーニング)と

週末集中ワークショップのお申し込みはこちらから。

(よくある質問集もページの下の方にありますので迷っている方は

見て下さい。ご質問も遠慮なくどうぞ♪)

 

注意) アメリカ本部に申し込んで頂く形を取っていますので、

ギリギリまで迷って夜中とかに申し込んで、「エラー」が出たりすると

結構、焦ることになりますので、なるべく余裕を持って申し込まれることを

お勧めします。

 

あ!

 

そして、この1月の清里でのワークショップかトレーニング、

どちらかに参加されますと、

5月20日からハワイ島で予定されている、

AFP創始者レイチェルが日本人のために開催する、

「AFPジャパン・ハワイリトリート」への

参加資格が手にできるのですよ〜〜〜〜!

 

 

お問い合わせ、ご相談も、上記のお申し込み先からできますので

お気軽に!

 

再度貼っておきますね!

 


日本語で受けられるAFP認定講師養成トレーニング(ティーチャートレーニング)と

週末集中ワークショップのお申し込みはこちらから。

 

 

 

清里でご一緒できるのを

本当に楽しみにしています!

 

アムリタ




アムリタ映蓮発行の無料メルマガ、「フェミニン・プレゼンスというアート」より

(メルマガ登録はこちらから)

関連記事
0

【ライブ配信のお知らせ】AFPティーチャー養成トレーニングについて

AFPジャパン・トレーナーのアムリタです。

ちょうど1週間ほど前、私の前職、フジテレビ・アナウンサー三竹映子だった時代、
もう四半世紀前のことですが、のことと現在していることをTBSさんで取り上げて頂き、
色々な反響、反応を頂きました。

またそのことについては、ブログでも触れていきたいと思いますが、中でも
女性の、その人らしい存在感をアップするプログラム、AFPについてのお問い合わせは非常にたくさん頂いております。ちょうど1月に、私が開催するティーチャートレーニングと、同時開催で、週末集中ワークショップが山梨県の清里で開催されますので、一番お勧めします。


本日、間もなく、20時半より、以下のリンク先、FacebookのAFPジャパンのページから
その、1月12日から始まるAFP認定ティーチャー養成講座についてのライブ配信を行ないます。

ここに埋め込んだから、時間になったらこのブログ記事を開いても、見れるのかな〜?


この中で、ティーチャートレーニングについての無料説明会のご案内もする予定です。

見にきてくださいね〜♪



このライブ配信でもお知らせしましたが、事務局マハンタと、トレーナーのアムリタの2人でお送りするオンライン説明会です。トレーニングのことだけじゃなく、AFPのこと、個人的なこと、どんなことでも、一緒にオンラインでお喋りしましょう♪
 
<無料オンライン説明会/お話会>
以下のリンクからフォームに入力してお申し込みください。
 
  
2回目 12月5日(火)20時30分〜21時30分

関連記事
0

「本当に女神を見るようで、涙が出ました」AFP1Dayご感想

アムリタです。関西ウィークも無事終了しました。円坐+AFPの二日間も、京都でのAFPフェスタも、やはり何かに強力にバックアップされているとしか思えないほど、その場で起こることの完璧さ、一人一人の参加者の方の感性の繊細さと豊かさに感動しっぱなしでした。

1つ1つを丁寧になぞるようにゆっくりと振り返って行きたいという気持ちと、すでに始まっている次なる展開にフォーカスして行きたい気持ちとが共存しています。

IMG_8507_convert_20171124013503.jpg 
AFPフェスタ会場からの庭を臨む景色

そんな中で、明日は、またまた西日本へ。

週末は、いよいよ、楽しみにしている岡山です!
3年前に岡山で初めてAFPワークをシェアした時にご一緒した方達との嬉しい再会を始め、たくさんの方とお会いするのを楽しみにしています。

初日の【たい】のワークは満員御礼ですが、2日目のAFP1Dayワークショップは若干のお席があるようです。AFPが初めての方、大歓迎です!どうか、1人でも多くの女性に、滅多にないこの機会に、ご自分の人生観、世界観があっという間に変わって、これからの人生に感じる可能性が大いに広がる体験をして、満ち足りて生きていってほしいです。お待ちしています。



以下に、10月の私の1Dayワークショップに参加して下さった方からの素敵な感想文、続きます。
Yさん、ありがとうございます♡


「私が一番嬉しかったのは、
女性という存在を、ゆっくり、たいせつに、
深く見つめる時間を、持てたことです。
普段、どれだけぞんざいに見ていることか。。
そして、ひとりひとりの美しさが胸に染みたこと。
本当に女神を見るようで、涙が出ました
 
自分の変化にも、気づきました!
まず、自分への緊張感がやわらいだこと
(自分の愚かなところ、恥ずかしい性格を、
叱らないで笑ってあげる感じ)
そして
内側にスペースが開いて
いつでも、そこにくつろいでいいんだ、と
感じ始めると、
これまで無意識に、緊張していた
相手(テキパキした女性&権威的な男性に
ドキドキしていました)に対しても、
防御なく話せる感じがでてきました。

あと、
介護以来避けていた、鏡を見ることが嫌ではなくなったこと
お化粧を、じっくりしてみたくなったこと。
着物を着てみたくなったこと(これは自分でも
驚きです。締め付けるように思い込んでいたので)
もっと、女性の自分を見たり、感じてあげたいと思い始めたこと
 
今はまだ、溶けるの待っている、コリカタマッタものが
たくさん発見されたばかり、という段階ですが
これらからどんな変化があるのか、、
すごくスゴク楽しみです」
(R.Yさん)

************************************
Yさん、素敵なご感想をありがとうございます。
これだけのことが、たった1日で体感できてしまうって、本当にすごくありませんか?!

画期的な女性性への最先端アプローチ!
アムリタによるAFPフェミニン・プレゼンスのティーチャー・トレーニングと週末集中ワークショップ、1月12日〜清里にて開催!

早割締め切りは、12月12日です!お早めにお申し込みください。

関連記事
0

「フェミニンのイメージや先入観が覆った」AFP1Dayご感想

アムリタです。ずっと咳が続く風邪は、完璧に治ってはいませんが、土曜日のボーカルスクールの発表会の本番では、なぜか声が出ました。


なぜか、っていうか、やはり、そこは昔の職業(アナウンサーや記者など画面に出る役だったこと)や、小さなバンドのボーカルをやって鍛えていた、というのがあるんだな〜、いざとなると多少のことは本番では本領発揮、となるんだな〜と、ちょっと自分に感心している今日ですw 


AFPで練習している腹(子宮スペース)にいる感じやボーカル・パワー(女性器と喉を繋げたり声に意識を載せるプラクティス)などもすごく生きているなぁ。


それはともかく、一人一人が自分の何かの枠を広げて一歩踏み出した姿を、歌、作曲、作詞で表現した発表会。とっても暖かい場でした。

exif_temp_image4_convert_20171113132325.jpg 

(Yukiya Music School第一回発表会)→ Yukiya Music School


皆さんは、何か、そういう、「いざ」という時に自分の持ってる力や経験が発揮されて自分に感心する、という体験ありますか? 人間の潜在的力ってすごいよね〜♪ 


AFPはそういうところにも働きかけて、本来のその人らしさのみならず、持っているパワーが自然に外に出てくるのを助けるワークなのですよ〜♪


では先月、私のアート・オブ・フェミニン・プレゼンス(AFP)の1Dayワークショップを受講された方達からのご感想を引き続きご紹介させて頂きますね。

***********************************************

アムリタさんにお会いして、お写真から想像していた以上に、本当にピュアな大きな愛に溢れているお人柄にまず感動しました。
そして、まだ習ったことのなかった、コンティンの状態をならい、自分の体感よりも、他の参加者さんの大きな変化に、すごい驚きを感じました。

最初お会いした時は、フワフワと妖精のようで可愛い方でしたが、半分こちらにいない感じがしていたのですが、終わったころには、本当にしっかりと「今ここにいる」感じ、生命力が強くなったように感じました。

また、他の方の表情もより柔らかく、穏やかに、今を楽しんでいる素敵な女神に皆さんなられていました♪

私もその1人になれていたら嬉しいです。

こういうWSはきっと本当に参加者のメンバーによってくることが大きいと思いますが、本当に会うべくして会えたメンバーなのかなと、アムリタさんにも、皆さまにも感謝の気持ちでいっぱいです。

また、アムリタさんが最初にお話いただいた、この講座できるまでに至った成り立ちのお話を伺うことができ

よりAFPが素敵だなと思い、私もみんなにこの喜びを伝えてゆける人になりたいなと思いました☆

本当にありがとうございました‼  またぜひご一緒できたらと思います。
よろしくお願いいたします。」

        (M.T.様より)


IMG_8074_convert_20171113131824.jpg 


直前に思い立って、ちょっと不安も持ちながらも申し込んだWorkshopでしたが

1日とても豊かでゆったりとした、気持ちの良い時間を過ごすことができました。
そして、楽しかったです。

参加されている方たちもそれぞれ個性があり魅力的な方々でご一緒できてよかったです。
わたくし、もともとはあまり女性で集まる会とかは苦手な方で、かつ、よくある「フェミニン」、「女性的」な女性というのも苦手、というか、縁遠いと思っていましたが、先日の会はその「フェミニン」のイメージや先入観をだいぶ覆してくれました。といっても、正直に言うと、まだ自分の中の女性性ってホントに出てきてるの?と思うところもあるのですが、、(すみません、どうしても頭で考える傾向にあるので。。)

でも、先日の場で感じた気持ちよさはリアルでしたし、Womb Spaceに寛ぐワークですとか、エネルギーをContainするワークなど、日常で本当に活かせる実感がありましので実践していきたいと思います。

アムリタさん、ホント素敵で、またお会いしたいです!!

       (M.I. 様より)

IMG_7339_convert_20171113131850.jpg 
****************************************************

この10月の1Day参加者の皆様、とても丁寧な感想を下さって感激しています。


そうする中で、今度は、複数の認定ティーチャー達で作る関西でのAFPフェスタが近づいて来ました!先月末の関東でのフェスタは大盛況で、こちらも色々な熱いご感想を頂戴しています。


AFPのその場で起こす変容の力はものすごいものがありますが、とても単純でシンプルなので、あっという間なのです。私自身にとっても、それこそが、「ああ、こんなに簡単に変わってもいいんだ。難しくしなくていいんだ」という目からウロコの体験でした。そしてもちろん、それを持続、継続して行くことがなお一層確かな手応えであり、「開花」となって行くのですが、その継続の効果を目撃できるのが、こうしたフェスタのような、複数の個性的な魅力のティーチャー達のプレゼンスを目の当たりにすることができる時ですね。


創始者のレイチェルも、1年前に来日した時に会ったティーチャー達が、目を見張るほど輝きを増して美しくなっている、と驚いていました。


美しい秋の京都の会場で、この素敵な体験を共有できたら嬉しいです。

私、アムリタのトークと、最近話題の(?)自分の真の望みと繋がるミニワーク(「たい」のワーク)もありますよ!。

11月11日(金)→ AFPフェスタ(京都)


IMG_2660_convert_20171112224433.jpg 


→各地のAFPティーチャー達の活動スケジュール


<受付中のアムリタ関連イベント>

詳細とお申し込みは、リンクをクリックしてね♪

  

◆11月15-16日 アムリタとくにちゃんが出会い直した、ということで・・・ 男性も参加できるよ → AFPと円坐の2日間、やります。(←これイベント名ですw)

 

◆11月17日 AFPフェスタ(京都)with AFP認定ティーチャーズ!


◆11月22日 美食+AFP 最終回!スペシャルなレストランでフルコース!

 

◆11月25-26日 【たい】ワークハーフディとAFP1Dayワークショップ in 岡山


2018年1月12日(金)〜1月17日(水)AFP ティーチャートレーニング(清里)



関連記事
0

「AFPの体験はソフトなのに強烈でした」AFP1Dayご感想

10月21日に開催した、私アムリタのAFP1Dayワークショップについてのご感想を皆さんから頂いています。掲載許可を頂いていますので、少しずつご紹介させて頂きたいと思います。

AFPは何よりも、どんな説明よりも、受けて頂くこと、体験して頂くことが一番なのですが、その次に、やはり実際に受けられた方のリアルな感想で伝わっていくことがとても大きいのです。
 

「新しいイベントへの打ち合わせや、知人と会うという用事で、
きっと私はAFPの話をしちゃうと思います♡
人に話したくなるくらい、AFPの体験はソフトなのに強烈でした。


修業のようなものでなく、楽しく、しかも意識だけでここまで人が変わるのだということを
次々目撃しました。

また、意識次第で、自分の目が拾い上げるも の・見えるものが違うことにもビックリしました


気功やヨガをやっていたことがあるので、
丹田の感覚や気の感覚があったのですが、
子宮と丹田は同じ場所だとばかり思っていました。
でも、丹田の熱は溶鉱炉や石炭列車のようなボンボンと燃える熱でした。
それを全身にめぐらせると、パワフルで、修業的なエネルギーがみなぎり、
私はいつもそのエネルギーでがんばっていました。

もっと下の方、子宮にロウソクで火をともすと、
ほんわりと、火鉢にあたるような暖かさで、
それがお腹や体に広がっても、溶鉱炉の火とは違う、遠赤外線の熱みたいな、柔らかいけど全身までじんわり広がる熱でした。

IMG_4031_convert_20171110012031.jpg 

実際にあらわれた変化 は、スカートがはきたくなったことです。
スカートは、「あらたまる席での服、特別な時の衣装、動きにくいもの」という印象で、
何といっても自分の気持ちにあいませんでした。←少年っぽい雰囲気や男性的な服が昔から好きだったので。

1Dayを受けたら、
いつもは心地よいジーンズとスニーカーとリュックのスタイルの方が気持ちに合わなくなっていて、
翌日は早速、スカートとカラータイツ、そしてブーツでお出かけしました。


そして、
エネルギーをきゅっと縮めてしまう場合と 外側に散らす場合の感覚にすごく納得しました。
きゅっと縮めて、呼吸も浅くなって苦しくなる、相手の反応や拒否を恐 れて防御しようとしている自分。
反対に、散らすときは(わかってほしい、私はこんなに大変、みてみて)、とアピールするか、
回りの人の心配やおせっかいしてしまう場合。
このどちらもの感覚がよくわかりました。
日々の中で、自分のエネルギーをコンテインしている時間がほとんどなかったんですね。
だから、疲れやすかったのかも・・・。

でも、自分の子宮から、いまここにいることを意識して、またエネルギーもコンテインしながら話すと、
自分の体がリラックスしていました。呼吸もゆったり、自然体でいられました
相手からは「声が変わった!」「伝わっ てくる感じがする」と言われました。


私が、家族の前でくつろげない理由(体は休みたい、眠たいと言ってるのに、
脳が頑張りなさい、と言い続ける)
反対に、体の声を大切にして、早めに寝たり、休めるようになってきてるのに、
休むと自分の脳が(もっと働け)と自分を責めたてます。
体の声と、脳の声が、私の中でバトルすることが多々あり、
どっちにしても休まらない感じがあります。
このあたりもAFPを学ぶことで、楽になりそうな気がしています。

自分が女性であることを慈しんで、楽しんで、
そして、自分の光のワット数をあげたいです。

エネルギーを収縮させ るのももう辞めたい、(自らを放棄するみたいで自分の心や体が泣いてます)
散らして、頑張りすぎるのも、もう疲れちゃいました。
自分が心地良く在り、火をともすことで、結果、まわりも明るくなるなんて、なんて素敵なんでしょう!!
近いうちにまた参加させて頂こうと思います。

アムリタさん、ありがとうございます。」

   (アムリタによるAFP1Dayワークショップ参加・T様より)

******************************************************
Tさん、ありがとうございました。
 
これからもAFPを色々な形で続けて行かれますよう願っています。
各地で認定ティーチャー達が色々なAFPクラスを開催しています。

次回のアムリタの1Dayワークショップは、今月末、岡山にて受けて頂けます。しかも、ティーチャートレーニングでもシェアしている、大好評かつ、女性にとってとても大事な、私のオリジナルワーク、【たい】(WANT)に特化したハーフ・デイもセットで受けて頂ける、貴重な2日間です!
お申し込みはこちらからどうぞ!



<受付中のアムリタ関連イベント>

詳細とお申し込みは、リンクをクリックしてね♪

 

◆11月11日 Yukiya Music School 第1回発表会 【残1席】【満員御礼】

 

◆11月15-16日 アムリタとくにちゃんが出会い直した、ということで・・・ 男性も参加できるよ → AFPと円坐の2日間、やります。(←これイベント名ですw)

 

◆11月17日 AFPフェスタ(京都)with AFP認定ティーチャーズ!


◆11月22日 美食+AFP 最終回!スペシャルなレストランでフルコース!

 

◆11月25-26日 【たい】ワークハーフディとAFP1Dayワークショップ in 岡山


2018年1月12日(金)〜1月17日(水)AFP ティーチャートレーニング(清里)



関連記事
0

大阪 秋の陣 男女参加AFP+円坐の二日間

このブログにも何年も前から何度か登場している、橋本久仁彦さんという素晴らしい方が大阪にいらっしゃいます。ご本人は世の中の「肩書き」らしきものではとても語れない存在感ですが、あえて言うなら、以前はカウンセラーなどをしていらして、カール・ロジャーズの非構成的エンカウンターグループを盛んに開いていらした頃にお会いしました。その筋の通った独特の視点や物言い、率直で、でもどこまで深い大きな愛を携えながらも、私の大好きな「反骨精神」や「少年ぽさ」を今でもすごく感じる方です。

今は、その頃やっていらしたエンカウンターグループやコンタクトダンスなどを、独自の日本人的な感性で再創造された「円坐」や「影舞」に発展させ、全国の男女問わず多くの方に慕われていらっしゃいます。


543341_405647826154727_1687169785_n_convert_20171108131544.jpg 

(2012年6月 熊野での円坐合宿にて)


そのクニちゃんと今年の5月に共同開催させて頂いた、「クニちゃん&アムちゃん・なんか妖怪、非構成の旅 in 出雲」でのご縁の結び直しがきっかけで、橋本氏直々に私を大阪に呼びたいとおっしゃってくださり、来週、男女参加AFPを始め、円坐、影舞、対談など盛りだくさんの、おそらく2度とないであろう(?)「AFPのアムリタ」と、「円坐・影舞のクニちゃん」のとても特別な二日間を企画してくださいました。


18922540_1366760430075509_4503873746026673575_o_convert_20171108130102.jpg 

(今年6月出雲にて 撮影・戸高源太郎氏


関西、西日本の方はもちろん、関東からもいらしてくださるとのことで、とても楽しみにしています。

まだお席があるそうですので、タイミングの合う方とご一緒できたらとても嬉しいです。



以下は、少し長いですが、このイベントについての私の思いです。(イベント参加お申し込み先などの詳細は、一番最後にあります)


IMG_4659_convert_20171108134911.jpg 


音の中に 静寂を
静寂の中に 音を 聴く
  

闇の中から 光を
光の中から 闇を感じ取る
  

ミクロの中に マクロを
マクロの中に ミクロを
   

一瞬に 永遠を
永遠の中の 瞬間を
   

永遠の中で 紡がれる
今という瞬間を 慈しむ
  

若い時から、
常にこんな感じの感覚や意識を持っていた私だが、
かつて、宮本武蔵の「五輪書」の中の言葉、
「兵法は、遠きところに近きを見
近きところに遠きを見」
という言葉との出会いで
膝を打ったことを思い出した。
   

クニちゃんこと橋本久仁彦さん(以下、クニちゃん)との「出会い直し」は私にとって、色々な意味でそれと似ているかもしれない。


18920896_1366760596742159_7497686219507336170_o_convert_20171108130012.jpg 

(撮影・戸高源太郎氏)


クニちゃんと初めて会ったのは、
2007年のことなので、ちょうど10年前。
  

清里でのクニちゃんの1週間の円坐(その頃は、「非構成的エンカウンターグループ」という名)に初めて参加して「こんな感覚を持っている人が日本にいたのを知っていたら、わざわざアメリカまで探究の旅になど出なくてよかったのに!」、と叫んでいたのを覚えている。
  

その頃の私は、どちらかと言えば、何も言わなくても、何をしなくてもいい場所、ということに安心・安全をトータルに感じていて、(言葉での)発言は少なかったと思う。
  

クニちゃんと、この「場」、すごいなーって思っていた。
  

でもクニちゃんの方も、「アムリタは関東で僕が自信を持って紹介できる数少ないセラピストだ」、「アムリタという人が、『場所』なんだ」と私の円坐での数少ない言動から感じ取ってくださり、実際、その後、何人かのクライアントさんをご紹介頂いた。
  

ありがたいな~光栄だな~とは思ったけれど、どちらかと言えば、その頃の私は、当然のようにクニちゃんを自分より「上」に置こうとしていたかもしれない。
  


時は過ぎて、アメリカ生まれの女性向けプログラム「AFP」を日本に持ち帰り、日本にも私以外の認定ティーチャー達が誕生した。
  

女性であることの探究とはすなわち自分である、【在る】ことの探究。
自分で在るということの中に、身体の【性別】はどのような意味を持つのか。
  

そんな視点で続けていく中で、ファシリテーション未経験のティーチャー達、グループを開催したことのないティーチャー達がいて、どうしたらいいのか、困っているらしいと聞いた。
   

また、AFPのような「プログラム」的なものは、ともすると「導く立場にある者」がその「プログラム」に注意を取られてしまったり必死になってしまい、そこにある、「到達点のない自由さ」や「一人一人の持っている本質が自ずと泉のごとく湧き出てくる」ような自然な成り行きを止めてしまったり、気づかなかったりする。無意識のうちに、沈黙が続くことを怖がったり、相手をコントロールしたり操作しようとしたりしてしまうこともある。
  

そんなこともあって、AFPティーチャーとして場を持つなら、プログラムも操作も鉄板のファシリテーションもない、そして自分の感じていることやあり様が、よーく見える「円坐」というものから学ぶことが大きいのでは、と提案したのが、認定ティーチャー達が多く円坐に参加するようになったきっかけだ。
  

最初のうちは、皆んな、円坐とAFP、影舞とAFP(の瞑想)に多くの共通項を見出して感動したりしていたようだ。
  

しかし、そのまま円坐にはまって行った人たちの中には、途中で気づいたら、円坐とAFPの間に矛盾を感じたり真反対のものだと感じて困っていると言っていたりすると言う。
   


私は、あーなんともったいない!と正直、反応した。真反対や矛盾は、自分の中に存在しているものであり、その両方が自分のものだと認めることができたら、キャパが広がるのだ、と。
   

遠きところと近きところは、自らの意識の中に存在しているのであり、自らの意識が存在しなければ、その相反する場所は存在しないのだ。それを相反するものとしてそれぞれの中にもう一方が内包されていることが見えた時、それらを内包する大きな輪が完結する。
   

な~んてことを、ムラムラと、メラメラと、表現したくなってしまった自分がいた。
  

それが、今年6月、出雲でクニちゃんと「非構成の旅」をする中で出てきたのだった。


どんなに矛盾を含んだもの同士であろうとも、
この宇宙で「出会う」ことは、「引き合う」ことであり
それは奇跡的ではあっても、偶然ではない。
  

そう。出雲でクニちゃんと舞った、『ジュピター』の歌詞のごとく。


18954643_1366759180075634_974898374745913684_o_convert_20171108130437.jpg 
  

真反対に見えるものの中に、
圧倒的な真/芯の共通性が存在するのだ。


真反対(に感じられるもの)は、
両方が1つのセットでこの(3次元の)世界に存在する。
  

その場合、「対」は、「たい」と読むのでなく、「つい」と読む。
  

この美しい「対」を、感じることなくして「ワンネス」などというものはあり得ない。


そして、これらを内包する意識、
観測している意識がなければ
この美しき「対」は存在しないのだ。
  

光と闇。
  

静と動。
  

東と西。
  

男と女。

 
ここへきて、そんな「星々」が引き合うかのように、
魂の家族のリユニオンでもあるかのように、
ある点において同じ感覚を分かち合うもの同士、
縁のあるもの同士が、
引き寄せられて集まってきている感じがする今日この頃。


クニちゃんとの出会い直し
クニちゃんとの手仕舞い、手合わせ、仕合わせは
そんな意味合いがあるのかなと思っている。


18951194_1607216302636256_7766323992794536910_n_convert_20171108130302.jpg 


な~んて、そんな風にも言えるようになった私として

10年来知っていて一度も訪れることのなかった、
Cave にお招き頂いたこと、
そのタイミングこそ、
何よりも完璧なのだろう。


きっと この二日間という「一瞬」にも
宇宙のどこかで
星々が命を終え
星々が新たに生まれている。
  

私達の身体の細胞もまた。
  

今ある細胞総動員で逢おう!
  

あふ阪、逢う阪
秋の陣
  

楽しみです。


*************************************


18921663_1607216442636242_4007865094612741785_n_convert_20171108130036.jpg 


「アムリタとくにちゃんが出会い直した、ということで・・・男性も参加できるよ → AFPと円坐の2日間、やります。」 ←イベントのタイトルですw

(イベント概要)
■ 日にち
2017年11月15日(水)12:00から
2017年11月16日(木)18:00まで


■ タイムスケジュール
【1日目】
12:00〜14:30 アムリタ くにちゃん 対談
14:30〜15:00 休 憩
15:00〜17:00 AFP 男女混合(アムリタ)
17:00〜18:30 晩ごはん 休憩
18:30〜21:00 ライブ配信!CAVEの夜/影舞三昧(橋本)


【2日目】
10:00〜12:00 女だけの秘密のAFP体験会(アムリタ)
12:00〜13:30 お昼ごはん 休憩
13:30〜16:30 3時間の円坐(橋本)
16:30〜17:00 休 憩
17:00〜18:00 クロージングセッション「くにちゃん&アムちゃん なんか妖怪!?タイム」


■ 参加費
2日間通し参加の場合 18000円
どちらか1日のみの参加の場合 10000円

※ 2日間通し参加で男性の場合は16000円となります。

※ 2日目のみの参加で男性の場合は13:30からの開始となり、参加費は8000円となります。

※ 本イベント2日目10:00からのAFP体験会は女性対象プログラムとなりますが、トランスジェンダーの方もご参加いただけます。詳しくは下記メールアドレスへ個別にご相談ください。

※ 参加費は当日受付けにてお支払いください。

※ キャンセレーションポリシーとして
開催日7日前のキャンセル・・・参加費の50%
開催日前日または当日のキャンセルの場合・・・参加費の100%がかかります。
  

■ 会 場
studio CAVE(大阪市西区千代崎2-2-13)
http://www.fenceworks.jp/
access.html
  

■ お申込み・お問い合わせ
・お名前
・お住いの都道府県
・当日の連絡先(携帯番号)

を明記の上、

fenceworks2010@gmail.com(担当 田中 聡)
までご連絡下さい。


■ 企画・主催
フェンスワークス 田中聡
AFP認定ティーチャー 菅野美和(アジャンタ)


18953407_1366760490075503_9055816378496855587_o_convert_20171108130347.jpg 

企画・世話人(?!)アジャンタと

18839292_1607216495969570_5920946192482405005_n_convert_20171108133807.jpg

おまけのクニちゃんお茶目写真ww

*******************************************


そして、このスペシャル大阪AFP&円坐二日間の直後、先日川崎で開催されて大盛況だった、AFPフェスタの関西版が京都で開催されます!個性的魅力溢れるAFP認定ティーチャー達で作る1Dayワークショップ。私、アムリタのトークライブとミニワークもあります。ぜひ、この大阪二日間と合わせて!そのまま!京都までご一緒しましょう!! →  AFPフェスタ(京都)詳細とお申し込みはこちら♪ 



<受付中のアムリタ関連イベント>

詳細とお申し込みは、リンクをクリックしてね♪

 

◆11月11日 Yukiya Music School 第1回発表会 【残1席】【満員御礼】

 

◆11月15-16日 アムリタとくにちゃんが出会い直した、ということで・・・ 男性も参加できるよ → AFPと円坐の2日間、やります。(←これイベント名ですw)

 

◆11月17日 AFPフェスタ(京都)with AFP認定ティーチャーズ!


◆11月22日 美食+AFP 最終回!スペシャルなレストランでフルコース!

 

◆11月25-26日 【たい】ワークハーフディとAFP1Dayワークショップ in 岡山


2018年1月12日(金)〜1月17日(水)AFP ティーチャートレーニング(清里)





関連記事
0

受け取る力、受け取る身体

AFP(アート・オブ・フェミニン・プレゼンス)講師養成トレーナー・アムリタ映蓮です。


以下、先日配信したメルマガより(🌟無料メルマガ、【フェミニン・プレゼンスというアート】こちらから登録して頂けます♡

 

よく見えないかもしれませんが、被り物のかぼちゃにお花が付いている、

「フェミニン・かぼちゃ」ですw(命名:とくちゃん)

 

 

10月31日のハロウィンの日、川崎にて、年に1度のAFPのお祭り、AFPフェスタ・関東を無事に開催することができました。

 

たくさんの方に足をお運び頂き、ありがとうございました。

 

普段は一人ないし二人で活動しているAFPティーチャー達が、何人もでチームを組み、1日を通してのイベントとしてAFPワークショップを創って行くという、ワークそのものだけでなく、そのティーチャー達一人一人の魅力、そしてチームとしてのAFPティーチャー達で創る場を体験、体感して頂く機会でもありました。

 

 

11月17日(金)には、今度は関西でAFPフェスタです!

もちろん私も行きますし、トークライブやオリジナルワークをシェアさせて頂きますよ♪

 

AFPフェスタ関西の詳細とお申し込みは、→こちらからどうぞ♡

 

 

さて、AFPのワークショップの冒頭で、私が必ずお伝えすることの一つに、

 

「まっさらな気持ちで受けてください。その方がたくさん受け取れますよ」

 

ということがあります。

 

 

これは、例えばAFPのエクササイズをもう何度も受けている人達も、

ヨガのように(AFPは女性性意識のヨガ、と私は呼んでいます)、その都度、その瞬間の自分自身の状態に、耳を傾け、開いている=受け取るようにすることであり、初めて受ける人達は、普段ご自分がされている色々なワークや他の女性性に関する知識などと比較したりすることをやめて(必要なら終わってからすればいいので!)、その瞬間は、先入観も比較意識もなく、まっさらな、全てが新鮮な気持ちで受け取ってみてください、ということです。

 

これは何もAFPに限ったことではないですよね。

私たちが、日常、習慣として無意識にしているあらゆることに意識的になってみたり、当たり前だと思っていることを、新鮮な気持ちで見てみると、関係性やパートナーシップでも、そこには新たに受け取るたくさんのギフトがあったり。

 

 

この【受け取る】ということそのものについてのワークも

AFPでは、いろんな形で行ないます。

 

 

何も、考え方や信念の話だけではなく、意識と結びついた身体で

体現するということを、AFPではもっとも大切に扱います。

 

特に、女性の身体の構造上、受け取ることに長けている、

受け取る能力が高いとされています。

 

 

受け取るというのは、開いているということです。

 

受け取るために、開いて受け取るスペースを作ります。

 

 

身体が、受け取るために開いている、というのはどういう状態でしょうか。

 

特に、女性の肉体が。

 

生殖器はもちろんですが、手やハートはどうでしょう?

 

 

その身体の状態と、心が望む状態を一致させたら、

どれだけパワフルになるか想像がつくでしょうか。

 

くつろぎ、緩み、開いて 受け取る。

 

自分の願っているものを。

 

愛、豊かさ、ロマンス・・・

 

人生のスイートなギフトを・・・

 

 

 

反対に、受け取っていない状態というのは

どんな状態でしょうか。

 

私たちは、どのくらい、この、

欲しいと言いながらも受け取らない、ということを

無意識にもしてしまっているでしょうか。

 

誰かから褒められた時…

 

願いがいざ叶いそうになる瞬間…

 

 

自分の身体が取り入れる、「甘いもの」に関してはどうでしょうか。

 

欲しいし、美味しそうだし、食べたい、と思っているのに

理由が健康であれ美容であれなんであれ、

『我慢すること』が女性にとっての美徳のようになっていることに

私は、自分が結構ふくよかな体型だということを置いておいても、

よく違和感を感じています。

 

 

今、海外でも、モデルさんの行き過ぎた細い体型を維持することや

雑誌の広告などにフォトショップで加工したものを載せず、

修正していないそのままの肉感的な彼女達の身体、体型を載せよう、魅せよう、

という動きが始まっていますよね。

 

あ、その話は、また別の機会にすることにして。

 

 

私は、女性が甘いものを美味しそうに口にしている姿は

とても可愛くて魅力的だと思っています。

 

ところが、その時、多くの女性は、内側では罪悪感

自責の念でいっぱいだったりします。

 

 

せっかく食べている時も、

「あー、食べちゃった」とか

「また太っちゃうわぁ」とか

「いけないと思いながら食べちゃうのよね」などと

わざわざ口にしながら食べている女性達のなんと多いことか。

 

 

それって、前述の、

「欲しい」けど

「欲している」ことに開いていない、

そして

現実としてやって来たこと、もしくは自分で選択したことを

否定、拒絶、受け取ろうとしていない状態ではないでしょうか。

 

 

全くの個人的持論ですが、健全さという意味で、

私は、それがもっとも『健康』によくないのではと思います。心身の、ね。

罪悪感が、もっと身体を蝕むものであり、

それはいつしか心身への影響が出てくると思っています。

 

とにかくですね。

 

 

それがない状態で、手放しで、

欲しいもの、焦がれているもの、受け取りたいものに

開いて受け取るための、

自分自身の状態を高め、開き、緩めていることを

四六時中いつもいつも、は無理でも

時折、自分に「許して」あげることを【練習】してみたら、

どんなことを

どんな現実を

私たちは、「受信」し始めるでしょうか。

 

自分が発しているものと

同じ波動を受信できるのだとして。

 

欲しいものに匹敵する周波数を発信している状態になって。

 

来たる11月8日、この【受け取る】ことに特化したAFPの一つのプラクティスを通して

体験して頂ける機会があるんです。

 

 

しかも!!!!

 

 

そんな、人生の甘いギフトを「受け取る」AFPプラクティスをした後に

と〜ってもエレガントなアフタヌーンティ味わいに行っちゃう、そして楽しめる度合いの違いや効果倍増を実感しちゃおう!というのが、

次回、第2回目の【美食+AFP】なんです!!

 

(第一回目のAFPのパートの導入部分より)

 

先日の第1回目では、自分の感じる感度を上げて、

官能的に感じたり、喜びや悦びを感じることを許して

しかもそれをまずは自分の中でいっぱいに満たす、ということを

プラクティスしてから、とっても手の込んだ繊細な和食を

味わいに行きました。それはもう、感動の官能体験でしたよ!!

 

 

 

食べ終わって、ホワ〜ん、ジワ〜んと溢れ出してるひととき

 

そんな、自分の体に取り入れる「食」を

何を食べるか、プラス どのような状態、どのような意識で受け取るか、

の実験と実践を楽しみましょう!

 

 

今回も、場所のセレクト及び、美食のパートのナビゲートは、

魅惑の美食家であり心理占星術カウンセラーの伊藤美希子さん。

 

 

なんと彼女は、最高のアフタヌーンティを求めて、

マレーシアまで行ってしまったという人です!

なぜマレーシアなんだろう…

 

(証拠写真w)

 

 

その彼女の一押しのアフタヌーンティ。

ご一緒しませんか?

 

そして、一体、アフタヌーンティって

どの順番でたべるの?とか、

どうしてこの組み合わせなの?とか、

一番美味しい頂き方は?なども

食を通してのセラピストでもある、ミキティに聞いちゃいましょう!

 

 

実は私、あまりアフタヌーンティ自体、行きたいと思って行った経験は

そんなにないのです。

 

だからこそ、信頼している舌と官能性の持ち主、ミキティセレクトの

アフタヌーンティが、超〜〜楽しみです!

 

 

ね?!

 

滅多にない、何重にも美味しい企画ではありませんか?

 

この体験、【受け取って】みませんか?

 

詳細とお申し込みは、→ こちらからです。

 

まだお席あるので、お待ちしています!!

 

 

 

私は風邪を引いてしまいました。

気候も不安定ですね、どうぞご自愛くださいね。

 

アムリタより

 

 

 

<受付中のアムリタ関連イベント>

詳細とお申し込みは、リンクをクリックしてね♪

 

◆11月11日 Yukiya Music School 第1回発表会 【残1席】【満員御礼】

 

◆11月15-16日 アムリタとくにちゃんが出会い直した、ということで・・・ 男性も参加できるよ → AFPと円坐の2日間、やります。(←これイベント名ですw)

 

◆11月17日 AFPフェスタ(京都)with AFP認定ティーチャーズ!

 

◆11月25-26日 【たい】ワークハーフディとAFP1Dayワークショップ in 岡山


2018年1月12日(金)〜1月17日(水)AFP ティーチャートレーニング(清里)



 


関連記事
0

熟す季節に AFPフェスタ  日常ですぐに変化を活かせる体験を

10/31 AFPフェスタ(川崎)での、私、アムリタのトークライブとミニワークのテーマが決まりました!


 先日、伊勢で受け取ったインスピレーション、 

 
【女性にとって、《満たされる》ことはゴールではなく、出発点❣️】


をテーマに、お話とミニワークをします。 

まさに今の時代に必要なパワフルなメッセージと、
それを実感できるスペシャルワークのシェアになりますので、
ぜひ、31日、お越しください♡
 

 たくさんの魅力的なAFPティーチャーたちと共にお待ちしています❣️
 
   

AFPフェスタ(川崎)は、10月31日。
京都は11月17日です。


 【フェミニン・プレゼンスって、何のこと?】をご自分の目と感覚で体感しにいらしてください。 

私達、認定ティーチャーで創る【AFPフェスタ】は、
1人1人の女性の魅力や存在感を劇的にアップする
「からだと意識」のエクササイズ体験型の1日ワークショップです。



<日時>
 
10月31日(火)10:00~18:10頃まで

 <タイムスケジュール> 
9:45~ 開場 

10:00~12:00 午前の部 
オープニング 
AFP エクササイズ 

12:00~13:30 ランチ懇親会 

13:30~18:10 午後の部 
AFP認定ティーチャーによるパネルディスカッション 
AFPエクササイズ 
アムリタトークライブ&ワーク 

エンディング 

18:10頃 閉会  


<会場>
東急東横線元住吉駅より徒歩15分~20分
(ご予約いただいた方にお知らせします)

<参加費>
AFPフェスタ特別プライス! 
このメンバー、この内容でこの参加費は、めったにないチャンスです! 
7,000円(幕内お弁当付) 



上記のページには、今回の AFPフェスタ参加ティーチャー達との
トークライブ配信の動画一覧もあります。 

ぜひ合わせてご覧頂き、ティーチャー達の魅力を知って頂けたらと思います♡



関連記事